どうも、今日は、akichanです。

皆さんは、クロスカントリーフライトしたことが、ある人も多いと思います。

でも、志しなかばで、倒れ「我が屍を越えて往け」という事も、多いと思います。

で、だいたい心ならずも、降りる事になると余り良いランディングを、確保できない事もままあります。

これは、そんなお話。

その日は今から6〜7年前。

季節は四月、その年の春の最高の気象条件。

ただ、北西風が上空で、7〜8mは吹いていた。

しかし、サーマル条件などで、風に向かって北西に進むしかなかった。

平日だったけど、4〜5人のハングフライヤーが、集まった。

そのメンバーのうち、クロカンにアタックしたのは、スクールの校長先生に、うちのクラブのエースパイロットのI氏。

それに僕。

I氏からテイクオフ、次が僕。

校長は、校長の前にテイクオフしようとした人が、スタ沈こいて、回収に時間がかかり、涙をのんで断念。

で、僕はI氏の後を追う。

最初はI氏から、だいたい300m程後ろであった。

しかし、実力の差は、サーマルで上げる度に、次第に僕を引き離していった。

I氏「甘いな、その程度の腕では私に勝つ事などできん!!」ここをクリック

「うむむ、悔しいー」

なにせ強い向かい風なので、対地で700mでヒットして1700mまで上げて進んでも、当時の角ありの機体では、2〜3kmしか進めない。

焦れば焦るほど、上手くいかなくなり、テイクオフから、数kmのうちにI氏の姿は、見えなくなってしまった。

置いていかれたことに、焦ってそのうちまともサーマルを、ヒットすることも出来なくなり、テイクオフから12〜3kmの大原の山の中の集落で、はまってしまいそこから、出られなくなってここに降りることが、決定した。

然しここは、広い田んぼとか、楽に降りられる所なんてまったく見当たらない。

「参ったなぁ、早いとこ、どっかに見つけないと」

本当はそうなる前に、見つけておく物、僕もまだまだ未熟でした。

結局その谷底の集落の中の、大きな農家の庭先の畑を見つけた。

でも、その畑は20m×50mほど、だいたいパラでもこんなとこには、降りないよ。

しかし、他に選択の余地はない。

高度処理をして、大きな茅葺き屋根を、回り込んでファイナルターンを切った。

が、少し高い。

「やばい・・・」

おまけに全然高度が落ちない。

「ひょえ〜〜〜」

畑を飛び越え、鯉のいる池を飛び越え、そこに架かっている橋を渡り、敷地の入り口に植えてある柿の木に、突っ込んだ。

 

 

「ドーン バキバキ」

 

 

柿の木の10cm以上ある太い枝を、叩き折って、ようやく止まった。

あ〜あ、やっちゃった。

でも、やってしまった事は仕方が無い。

早速、目の前の農家に向かった。

「あのぅ、すいません。ハンググライダーで降りる時に、そこの柿の木の枝を折ってしまったんですけど」

中から、おじいさんが出てきて、「オウどっがら来たのしゃ」「怪我しねがっだが?」「ああ、気にするな」

とっても気の良いおじいさんでした。

良いんですか、勝手に降りて来て、挙句に人の家の柿の木の枝叩き折ったのに。

もうひとつおまけに「すいません、迎え呼ぶのに電話貸していただけますか?」

連絡とって、回収に来てもらう事になりました。

と、ここでおじいさんが「直ぐ迎えが来んのが?」

「いえ、少しかかるみたいです。」

おじいさん「飯まだだべ、昼飯食ってげ」

え、良いんですか、こんな事したのに。

と言う事で、昼飯ご馳走になって、迎えを待つことになりました。

何でも、家の裏で採れたって言うわさび茶漬けでした。

ピリッとしてとても美味しかった。

おじいさんはこの大きい家で、おばあさんと暮らしているそう。

それで、迎えが来るまで、おじいさんの世間話につきあった。

おじいさん曰く

「この辺はな、むがす、だではんのりょうづだったがらな、やまむごうのなんぶのどごどつがって、こっづはとがいなのしゃ。」

翻訳・この辺はな、昔伊達藩の領地だったからな、山向こうの南部藩の所と違ってこっちは都会なんだ。

 

はぁ、全然変わんないと思うんだけど。

 

「どごろで、おめどごにすんでんのや」

翻訳・所でお前何処に住んでるんだ?

 

「はい、石巻の方に住んでます。」

 

「んで、おなづだではんのりょうづだなや」

翻訳・それじゃ同じ伊達藩の領地だなぁ

 

うーん・・・・・・なんとも。

僕が江刺とか盛岡から来たって、言ったらこのおじいさん、なんていったのかな?

 

そうこうしているうちに、校長が迎えにやって来た。

校長、周りを見渡し

「akichanどこに降りたの?」

叩き折った柿の木を指差して、「いやぁここなんですけど」

因みに降りた所は、すり鉢の底というか、コップの底って言う感じの地形です。

この次、この辺飛んだ時には、写真撮って来ますね。

校長、馬鹿な冗談はやめておけって、顔して

「えっここぉ」

もう一度柿の木を、指差して「ええここですけど」

周りを見回して、校長。

「本当に、ここかぁ?」

 

 

「ええ、ここですけど、その柿の木の所」

 

校長、呆れてこの話は終わりだって言う顔をして、「さぁI氏を迎えに行くぞ」

おじいさんに丁重に御礼をして、出発しました。

教訓・・・長く飛んでいれば、色々な所に降りることもあります。

 

因みにこの日、I氏は、52km飛んで、この記録は今年I氏が、自ら破るまで守られてました。

「くそー悔しいー」ここをクリック

もどる。