ハーネス選びのススメ

今日は、akichanです。

今日はハングのハーネスの選び方です。

補足です。

随分書くべきか迷ったんですが、どうも関節型ハーネスの事で、正直個人的に散々な目にあったので、下の文章から特定の商品について僕が指摘している様に書いているって、思われているみたいで殆どの知り合いからそう言われるのですがそうでは無い事を此処に書いておきます。

以前、僕はまだ試作品だったハーネスを、僕が話を聞いて彼にお願いして作って貰った事があります。

所がそのハーネスが下の文章で酷評している関節型だった訳です。

また製作者である彼に採寸して貰ったのですが、残念ながら採寸ミスで何度も手直しして貰いましたが、起き上がりが大変悪く問題が解決しなくて、仕方なくテナックスハーネスを購入した訳です。

この事については僕が無理に試作品である物を、お願いした手前文句をつける事はお門違いであり、無理に発注した僕の責任であります。

また此処で何度も手直しを要求していく過程で、彼とは大変仲が悪くなってしまい、僕の事を相当嫌っている様です。

ですが、僕はこの事はお互い良かれと思ってした事が、不幸な行き違いになってしまったと思っています。

そして、彼の目指している事は大変意義がある事であり困難に挑戦する彼の事を、今でも尊敬しています。

ただ、同じタイプのスライド機構の無い三分割型関節ハーネスを使ってる人からは、使い勝手が良いって話を聞いた事が無く自分も使っていて本質的に問題があるって思ったので止めた方が良いと書きました。

此処まで書けば分かると思いますが此処で言いたいのは、現在生産されている件のハーネスの事を言ってるのではありません。

件のハーネスは僕の購入した試作品とはまったく違う別物になっていまして、関節とスライド機構を併用した大変起き上がり易い物である事を書いておきます。

また僕が此処で言いたいのは、実物を見て使っている人の意見を聞き選んで欲しいって事です。

僕と同じような苦労をしている人の話を結構聞いたので、これから少しでも僕と同じ失敗をする人が少なくなるようこのページを書きました

 

 

 

 

所で、ハングフライヤーの読者の皆さんは、ハーネスを選ぶ時は何を基準に選んでますか?

インストラクターの薦め?雑誌とかの紹介記事?同じ一般フライヤーの評価?

さて、どれが一番頼りになるでしょうか?

一番良いのは、欲しいハーネスを貸して貰って試乗して、実際に飛んで見るのが間違いなく、ハーネス選びの一番良い方法何ですが、あいにく試乗に応じてる、ハーネスのメーカー並びに輸入業者は、僕の知る限り一社もありません。

以前ハーネスを作っている方から聞いたのですが、機体の試乗は割りと、簡単に出来ますが現在のハーネスは、その殆どがオーダーメードでユーザーの体格に合わせて作られる為、体格が合わないハーネスでは正しい評価が出来ないから、試乗には応じられないとの事でした。

果たして本当にそうでしょうか?

後で述べますが、採寸がでたらめなハーネスが、未だに横行してる昨今、オーダーメードでもその程度なんだから、昔みたいに、S・M・Lのサイズでも試乗用なら良いじゃないかって僕は思うんだよね。

しかし試乗には貸せないと言ってる訳ですから、出来ない物は出来ないので仕方ありません。

では、どのようにして選ぶのが良いでしょうか。

まぁ、一番手堅いのは、みんなが使っているハーネスを選ぶ。

・・・・でもこれじゃ話が終わってしまいますね。

確かにみんなが使ってる品物は、定評があって間違いの無い選択です。

しかし、みんなが使ってない物はやはり駄目な物なのかって言うと、そんな事はありません。

実際以前使っていたエアロスのレーサーハーネス(確かこんな名前だった筈。因みに現在は生産中止)は誰も使ってる人は居なかったけど、大変出来の良いハーネスで僕の飛び仲間の石川さんは今でも愛用しています。

でも、正直言ってそういうのは、ごく少数。

例外と思うべきです。

だから、人と違うのが欲しい!って人はそれなりのリスクを覚悟して購入すべきです。

それで、もしもこれを読んでる人で初めて初高高度用にとかで、自分のハーネスを買うつもりの人。

特に人と同じのは嫌って言う人、悪い事は言いません、初高高度用に定番ってなっている品物を、選んだ方が良いですよ。

今の時代、欠陥品みたいなハーネスなんて無いなんて、思ってるようなら直ぐにそんな考えは捨てた方が良いですよ。

実際に今まで僕は欠陥ハーネスを二度掴んでます。

因みに練習生用の定番と言えば、昔はUPのRSハーネスだったんだけど今は生産中止。

ウィルスウイングのZハーネスとか、スカイラインやウッディーバレーから出ている、背中に甲羅がついてない、スイングラインのスライド機構の無い物を選ぶべきでしょう。

こういうハーネスは、起き上がりに問題があるハーネスは無いし、技術的にも確立されていてババを引く恐れは無いでしょう。

とにかく、ランディングの時に起き上がれないって言うのは、ほぼ100%ハーネスが癌です。

問題は、背中に甲羅のようなフレームが内蔵されているタイプです。

この手のハーネスは、スイングラインの取り付け位置がスライドする事で、起き上がる仕組みになってますが、この手のハーネスのうち、まともに起き上がれないハーネスが今も発売されています。

それと、甲羅が関節を介して分割して折れ曲がり、それにより起き上がるタイプ。

はっきり言って、まったく起き上がれません。

どういう考えで、こんな設計を考え出したのか、僕には理解できませんが安全に飛びたいなら、やめた方がいいです。

こんな物買ってしまった日には、起き上がれないって言うか、当分立ち直れません。

因みに僕は今のハーネスに替えるまで、半年間立ち直れなかったです。

それと関節フレームとスイングラインのスライド機構を併用したタイプ。

これは起き上がりについてははかなり良いようです。

ですが、足尾の方で聞いて来たのですが、僕も乗ってる固定翼機。

この手の機体のアップライト・ベースバーは普通の機体よりかなりコンパクトです。

この手の機体の場合は関節付フレーム並びに併用タイプのハーネスは、フレアーがかかり難くなる問題があるとの事でした。

詳しく知りたい人は、僕の所にメールするか、足尾方面の詳しい人にでも聞いてください。

そんな事情もあるけど、背中の甲羅に関節がついてる物、余り個人的には僕は嫌いです。

正直言って、出来の良い物が欲しければ、ハーネスの専門メーカーって言っても、有名なのはウッディーバレーとスカイラインしかないけど、仕上がりの良さはやはりダントツです。

他では、ローターハーネス、知り合いが使ってますが、かなり評価が高いです。

しかし、ニューモデルにモデルチェンジしてますから、慎重に見極める必要があるでしょう。

とにかく、選ぶコツは使ってる人の話をなるべく沢山の人から、良く聞く事。

但しメーカーサイドの人には話を聞かない事。

当たり前ですがだいたい良い事しか言いません。

身近に居ない時は、メーカーの息のかかってないサイトの掲示板ででも、情報を集めましょう。

それと、同じハーネスでも人によって評価が全然違うハーネスもあります。

昔、新品で買って、たった6〜7回飛んだだけで、これは使い物にならないって2万円で売り飛ばしたのが、UPのOG2ハーネス。

これはスライド式のハーネスなんだけど、見事なくらい起き上がれなかった。

所が僕が、2万円なら買うって言ってくれた人に売ったら、彼は大変調子が良いとの事・・・何故?

ハーネスの重心位置が悪いんだけど、彼によると重心が低い人は問題が無いそうな。

重心が低いって何?

って思ってたら、胴長短足の人に比べると、足が長い人はその分重心が低くなるらしい・・・・

足が短くて悪かったね! (-_-メ)ちぇっ

そうそう、雑誌のフライヤーに以前、ハーネスのセッティングについての記事がありましたけど、僕が散々苦労した経験から、はっきり言いましょう!

全然起き上がらないハーネスは、どうセッティングした所で、駄目な物は駄目!!です。

今まで、見て・聞いて・使って見た、起き上がりの悪いハーネスの数々。

はっきり言ってその殆どがどれも、セッティングでどうにかなる物ではないです。

ただ、UPのOG−2ハーネスのように個人差において、使える使えないの差が出るものもありますが。

 

因みに僕の今のハーネスは初めて買った練習用ハーネスから八代目です。

その内、正直言って欠陥品って言っていいハーネスは二つありました。

それと、同じハング友達が使ってるハーネスで、かなり評判の良くないハーネスもあります。

やはり、みんなが使ってるベストセラーって言うのは、それだけの意味があるものです。

外れ物を掴むと十数万円をどぶに捨てるような物です。

慎重に選びましょう。

それと、とっても重要なのが採寸。

実際にはとんでもない採寸ミスが数多くあり、運悪くそういうハーネスに当たってしまった人は、良心的な所であればクレームでサイズを手直しして貰える所もありますが、それでも作り直す訳ではないですから、小さい場合は継ぎ足したりする為大変見栄えが悪くなったりします。

それでも、手直しに応じる所は良いですが、そうでない所は大変です。

困った事に、同じサイズで発注しても、メーカーが異なると全然違うサイズのハーネスが出来上がります。

そこで大事なのは、発注する前に同じハーネスを使ってる人に、どんなサイズで発注してどんなサイズになるのか、出来ればそのハーネスを着させて貰う事。

ベテランならそんな事、当たり前だろうって思うかも知れませんが。

身近に居なければ、足尾なりメジャーなエリアに行けば、たいていの物は使ってる人に出くわすものです。

こればかりは、自分の目で確かめるのをお勧めします。

それと、最近の空気抵抗を少なくなるように、シェイプを綺麗にとったハーネス。

この手のハーネスの採寸する時、ショップや輸入代理店の店員やオーナーが、コンペ志向が強いと、特に注文を付けないと、空気抵抗を減らせるようにって、とても気を使ってくれて夏しか着れない様なハーネスにしてくれます。

僕も前のハーネスで、大変気を使って頂いて貰ってしまい・・・

そう言う事があるので、競技志向の方は勝負が懸かってるので、望む所かもしれないですが、僕ら一般フライヤーは注意しましょう。

高い買い物ですし、しかも殆どがオーダーメード!、やり直しは大体効きません。

機体を選ぶより、ずっと慎重に選ぶ事をお勧めします。

では、後悔しないハーネスを選んで、楽しく飛びましょうね。