今日は、akichanです。

今日は、ちょっと古いですが、僕が高校出てからしばらく横浜で仕事してた頃の、体験談です。

因みに住んでた所は、東神奈川。

今はどうなってるんでしょう?

当時、バイクに乗り始めて、楽しくてあちこちツーリングに行ったり、峠を攻めに行ったりした物です。

遅かったけど。

で、当時はレーサーレプリカ全盛期。

所で、免許とって初めて乗ったのが、当時発売になったばかりのFZ250う〜ん中々速かったなぁ。

でも、こけて、その後友達に売ったのね。

で、やっぱりバイク欲しくて、現状渡しで6万円で、初代KR250買ったんだけど、いやぁあれは大変だった。

250ccのくせに、オイルシールの調子が悪くて、直ぐ125ccの単気筒になったり、白い煙幕はいたり。

休みの日の度に、アパートの前の路上で、直してばっかりだった。

調子がいい時は、とっても乗りやすくて中々速くて良かったけど、走らなけりゃ只のガラクタ。

で、直ぐ近くの何時も行きつけのバイク屋さんの親父が、見かねて格安の現状渡しで、VT250F売ってくれた。

なんと、値段は3万円!

もっとも、カウリングとかの外装はこけたせいか、跡形もなし。

で、解体屋を回って、部品を集めて自分で直して、乗ってたものです。

って事で、大変長い前置きですが、休みの日に、僕の乗ってたFZ250を売った友人と、上野のバイク用品街に行こう!

って事で、あの当時から結構方向音痴だったんだけど、二人で行けば何とか辿り着けるだろうって事で、国道一号線をGO!

結構地方に住んでると、東京の道って何時も渋滞してる印象があるけど、道路がやたらと広いせいか、意外とスムーズに走れるんだよね。

(でも、随分前の事だから、今はどうかな?)

で、新橋の辺りだったかなぁ、調子よく制限速度+50km/hで走ってたら、たまたま信号のタイミングであの広い片側3だか4車線の道路が、見渡す限り車が一台も居ない!

あの頃は若かったなぁ。

後にも先にも、街中で170km/h出したのはこの時ぐらいだ。

当時の250のバイクって140kmぐらいまでは直ぐ加速するけど、そこからが中々伸びないんだよね。

で、しばらくかっ飛ばして、次第に車が増えてきた所に、信号が

思いっきり、フルブレーキング!

信号で止まって、随分、友達引き離して、置いてきちゃったなぁ。

あんまり、先に行き過ぎて、迷子になったりしたまずいなぁ、などと思っていたら、誰かが肩を叩いていいる?

うん?、誰だ?

友達が追いついて来るのは、ちょっと早いなぁ。

でも、意外と速かったんだなぁって、振り向くと・・・・・

 

黒いサングラスがやけに似合う白バイのお兄さんが、僕に向かって二ヤリって笑っていた。

「ハイ、君!」

おっ俺?

「そう君だ!」

「他にいないだろ、信号青になったら、向こうの左側に寄せて停めなさい!」

あっちゃー、やってもうた〜

う〜ん、制限速度が60km/hだからう〜ん110km/hオーバーか・・・・

免許取り消しかなぁ・・・

 

 

 

 

ガーン

 

 

 

 

ガーン

 

 

 

 

ガーン

 

 

バイクを停めると、直ぐにもう一台の白バイがやって来た。

どうも、後から来た白バイは新人で、交通違反の取り締まりの実習らしい。

白バイのお兄さんが、新人の白バイ隊員に曰く。

「良いか!こういう奴が居るから俺らの仕事は無くならないんだ!」

で、恐る恐る聞いて見た。

「あのう・・・所で何キロオーバー何ですか?」

「おい、お前!信号で止まる時、右側のバスの左側追い越して停止したな!」

「ええ、そうですが」

「それだけですか?、スピード・・

「測れなかったんだよ!」

「何で、あんなタイミングで急ブレーキかけるんだ!」

だって信号、だもん・・・

白バイって、ある程度一緒に走って、速度を同期させて計測するから、急激に速度が変化する場合、測定不能になる訳です。

お兄さん、相当悔しかったらしい。

それが冒頭の台詞になったみたいだ。

で、結局点数は二点。

反則金は確か、一万五千円だったっけ。

う〜ん、なんともついてたのか、ついてないのかよく分からない出来事だった。

丁度、違反切符に書き終わって、「毎度あり〜」って白バイが去っていった頃。

遅れて、友人が到着。

その後道に迷いながら、上野に到着。

色々買い物して、帰って来たが一番の高額商品は違反切符だった。

まぁ、それだけの事です。

 

戻る