3月3日

今晩は、akichanです。

今日は、上品山。

朝、ヤフーで宮城県河北町の天気をチェック。

何々、天気は晴れ、肝心の風は?と、北風から北西風の6m。

うーむ、これは微妙だ・・・

しかし、後でやっぱり飛べば良かったって、後悔する位なら飛びに行った方が良いなぁ。

早速石川さんに電話。

「おはようっ!今日は上品山だっ!」

「おはよう、akichan。本当にそっちは天気良いの?」

「こっちは、風強いし雪降ってるよ。」

「ええー、こっちは快晴だよ。」

「じゃあ、行って見るよ。」

で、上品山のLDに集合。

早速機体を積み直していざ出陣。

テイクオフに着いたら、5m程の正面の風。

いい風です。

でも、かなり寒い。

で、風の当たらない道路でセットアップ。

しかし、機体組んでると、そばの鉄塔が結構盛大に風の音立ててます。

不安になり、テイクオフに行って見ると、全然たいした事無い。

その後も、何度か気になり、TOに行く度に何だ、たいした事ないじゃん。

ここのテイクオフって、結構盛大に風の音がするから、錯覚しますね。

機体を組んでいると、何と左の一番外側のリブが折れてる!

うーん、どうしよう。

石川さんが「大丈夫なんじゃないの?そのまま飛んじゃえば?」

でもねぇ、降りてばらす時に「ああーっ!折れてるっ!」って見つけたならまぁ、仕方ないけどねぇ。

知ってて飛ぶのはなぁ。

ここまで来て、止めるのもなぁ。

とりあえず、テープ巻いて誤魔化す事に。

何となく、良いのかこんな事でって心の叫びが聞えてきたけど、聞えないふりをする事にします。

で、石川さんからテイクオフ。

少しして、僕も。

所が、何時も上げているテイクオフの前の尾根が、全然上がらない。

ステイは出来るけど、じりじりと下がって来た。

見れば石川さんは、テイクオフから続く谷の南側の尾根の先端で回して上げている。

う〜む、どうすっぺか。

やっぱ此処はあがんねーなー。

って言う事で、石川さんとこに向かう。

石川さんはもう、テイクオフレベルまで戻してる。

っと、谷を渡りきる前にサーマルにヒット。

最初は渋かったけど、次第に良い上がりに。

+3m/sで一気に850mまで、ようしこの調子で雲低まで!

所がどうも、其処からは上がれない。

逆転層は見えなかった。

しかし、それにしても寒いなぁ。

で此処で、石川さんは川を渡って、マックスバリューへ。

僕は南に馬ッ子山に。

上品山と馬っ子山を結ぶ線を、横切ってクラウドストリートが走ってるんで、あわよくば途中で、乗れないかなぁ。

途中、北日本のクラブのたこ小屋上空で、上げなおして馬っ子山へ。

馬っ子山のLDには車が一台だけ。

テイクオフに、何だか青いものが。

良く見るとパラのキャノピーを絞って、ウェイティングしてる人が一人、更にそばにもう一人居るみたいです。

優越感に浸りながら、手を振ってみる。

着いた時は400mぐらいまで下がっちゃったけど、テイクオフ上空で良い上がり。

850mまで戻して、上空に見えるストリートに何とか乗れんかなぁって、少しあがいてみる。

と、此処で「そうだ、写真を撮らなくちゃ!」

で、カメラを取り出して、パシャッ

所が何と、電池切れ。

何てこったー!

と、此処でサーマルを外してしまい、良いや帰ろう。

所が帰り道、凄いシンク。

これが−10m/s以上、こんなの久々だよ。

フルロックで80km以上でかっ飛んで帰って来ました。

見ると石川さんも帰って来て、テイクオフ上空で回してる。

僕も今日、最初にヒットした場所で上げなおして、TOレベルまで。

此処で川の波の立ってる様子を、見てたら「あれっあそこ上がりそう」ってグランドサーマル拾いに前に出たら、「ブーブーブー」

降ってしまった。

でもまぁ、寒かったから、もういいかぁ。

しかし、ストリート乗りたかったなぁ。

乗れれば、一気に鳴子(約60km)まで行っちゃうよぉ。

しばらくして、石川さんも降りて来た。

石川さんは涙を流して「しもやけの踊り」を踊ってた。

ほんとに寒かった。

しかし、また上品山の可能性を垣間見せたフライト、でした。

ここはまだまだ底が知れません。

もっと色々データが欲しい所です。

頑張れば、いずれ北西風に出来るストリートに乗れるようになるんじゃないのかな。

乗れれば、鳴子・古川なんて直ぐですよ。

上手くいけば、奥羽山脈を越える事だって、夢じゃないかも。

戻る。


3月9日

今晩は、akichanです。

今日は夜勤。

っと、仙台平に行ったって言う、石川さんから電話が。

「はい、akichanです。」

「やあ、akichan今晩は、今何処からかけてるか、知ってる?」

「あぁ、仙台平でしょ。」

「そう!今帰る途中

「天気良かったぞぉ〜」

「そうだよねぇ」

「北日本のクラブの戸田さんと、沼山さんと行って来たんだ。」\(^-^)/

「すっごい天気良かったよぉ。」

「いくら上がったの?」

「ふっふっふっ、海抜で2400mは上がったねっ

話半分として、1200mか。

雲低まで行ったのは本当っぽいなぁ。

石川さんには、以前ものの見事に騙されたからなぁ。

注去年の12月30日と今年の1月11日

「どっか、行ってきたの?」

「テイクオフの後ろの、大滝根山と、ずっとテイクオフの向こうの高速道路まで行ってきたよ」

タスク距離ざっと40kmか?ふう〜

「はぁ、そうすかぁ〜」

良いなぁ。

うらやましいなぁ。

明日は天気は良いが、寒冷前線の端っこが通過するらしい。

多分この間の、土曜日みたいに、大荒れになるか?

駄目だなぁ。

う〜ん、月曜日面子集めるか・・・・

ふぅぅぅぅぅ。

仕事しよっ。

戻る。


3月15日

今晩は、akichanです。

昨日は、すっごい良い天気。

朝から、良い天気で気温もうなぎのぼり。

風も穏やか〜な、南風。

こりゃ、絶好のクロカン日和。

がっ!、いまだに室根山は雪で登れない・・・しくしく

来年はエンジン付ハーネスのエクスプローラーを、導入して風向きや、山に登れないとかの問題を、排除して飛びまくるぞぉ。

って、思ったんですが、先週の事故の話を聞いて、原因は不明みたいですが、やっぱり止めようかな。

って、思ってたら相互リンク第一号のオリンポスさんのサイトをチェックしたら、こちらで開発中のULG、計画が順調に進行してるみたいです。

こりゃ、次の機体は「ガネット」で決定かも。

でも、飛ばす場所が問題なんだよなぁ。

性能はもう、セールプレーンそのものだし、って見た目もそのまんまセールプレーンだけどね。

リンク先見てもらえば分かるけど、すっごい格好良い機体です。

もう床の間に飾って置きたい位。

でも、飛ぶ場所は、大きい声で言えないけど内緒で解決策も検討してるけどね。

それに、冬の間の北っぽい風なら、上品山でなら問題なく飛べるし。

今のうちに、購入資金貯めとこっと。

そうそう、相互リンクで思い出しました。

岡島さん、一週間もほっといて申し訳ありません。

ではこちら、丹那で飛ばれてるハングフライヤーの方です。

で、今日は雨。

それで、今日は仙台の陸運支局で、ユーザー車検受けてきました。

ユーザー車検って、皆さん知ってますよね。

で、実際に自分で取ってきた人も多いと思います。

それでは、知らない人のために、簡単に紹介しましょう。

簡単に言うと自分で、車検受ける車に乗って陸運支局に行って、検査を受ける事です。

って、これじゃ駄目ですね。

手順を説明すると、まず車検の更新に必要な書類を用意します。

えっとですね。

1.検査票 

2.自動車重量税納付書

3.検査申請書

4.自動車検査証(車検証ね)

5.納税証明書

6.自動車損害賠償責任保険証明書

他に定期点検整備記録簿も以前は必要だったんだけど、今回は全然見られなかったですね。

で、自賠責の証書以外は、全部陸運支局で準備できるので、車検の予約を事前にしておけば一日で、車検の手続きを終わらせられますね。

僕は先週、書類を準備しに行って来ました。

で、書類を集めながら、「あぁ〜、よく調べれば一日で終わったなぁ〜」

よく考えたら、前に取りに来た時もそんな事、考えたなぁ。

で、窓口にユーザー車検を受けられる方にって「窓口案内」って言うチラシが置いてありますので、それを見れば、簡単です。

多分、仙台だけじゃなくて他の所でも、同じ様にしてあるんじゃないかと。

で、予約は電話で、案内に従って、予約。

やり方は、まるでテレクラの申し込みみたいにします。

基本的に、一週間以上前に予約を入れておくようですが、僕は二日前でも大丈夫でした。

で、書類集めが終わって、今日行ってきた車検の本番。

ついたら直ぐ、窓口に行って受付。

集めた書類をチェックされます。

OKなら、並んでる検査コースに入ります。

でも、陸運支局に着いてそのまま検査コースの、並んだ車の列に一緒に並んでもOKです。

鍵をつけっ放しにしておくと、警備の人が適当に移動してくれます。

受付済んだら、そのまま指示に従って、終了なんだけど、此処で僕はちょっと失敗してしまった。

ブレーキの検査の所で、係員のお兄さんが、「じゃ、ゆっくりブレーキ踏んでくださいね。」って言うからゆっくり踏んでいったら。

「ブレーキ、甘いですね。終わったら向こうの再検査のラインに行ってください。」

係員の言葉を間に受けた僕が甘かった。

今度は思いっきりどかって踏んでOK

そんなこんなで、無事車検終了。

ま、飛べない飛べないって、暇持て余すくらいなら、これでお金浮かして、国分町で遊んでこよう工作してるパーツの材料費にしよう。

どんなパーツですかって?

こんなのです。

何なのかは一目瞭然ですね。

でも、失敗したらこっ恥ずかしいから、上手くいったら詳しく製作法とか、UPしま〜す。

トガシエンジニアリングで、発注してたカーボンクロスとかを帰りに寄った、くろねこヤマトの営業所で受け取ってきました。

所で、カーボンマットって、カタログにあったんだよね。

「これはどんなものなんですか?」

「これはですね、ガラスマットみたいなものです。」

って言う事で、安かったんで(mあたり1500円)2m購入。

で、届いたのを見ると、なんか思ってたのと違って、カーボン製のフェルトみたいです。

こんなの。

ガラスマットって、構成してる繊維の一本一本が、ロービングなんだけど、これは凄く細くてそれこそ、カーボン製のフェルト。

結構、ふわっとした感じです。

脱泡とか大変そうで、使いどころが難しそうです。

他にカーボンクロスを2m。

所で、明日は何とか飛べるかな?

何とかなれば、明日は上品山だ。

でも、面子が集まれば、仙台平もありか?

今日は久々の分随分長くなってしまった。

戻る。


3月18日朝04:00

おはようございます。

akichanです。

昨日は朝から、とっても良い天気♪

しかし・・・「なんでこんな天気ばかり仕事なんだぁ!」って叫びが聞えたんでしょうか?

 

 

 

 

 

午後から、凄い突風。

 

どうやら、翌日に来るはずの寒冷前線が、来てしまって通過中のようです。

で、今日は夜勤明け。

仕事が終わったら、今日は上品山。

とりあえず、昨日石川さんと戸田さんにメールを送ったら、戸田さんからは返事が来てとりあえず飛べるぞ!

では〜

戻る。


3月19日

おはようございます。akichanです。

昨日は、上品山でフライト。

一緒に飛んだのは、戸田さん。

「あれっ、石川さんは?」と戸田さん。

石川さんに電話すると、「えぇー!、一関は凄い風だよぉ」

「絶対飛べねぇよ〜」

「こっち朝は強かったけど、もう大分落ちてきて、今は結構穏やかだよ。」

「まぁ、駄目だと思うけど、頑張ってね」

ふふっ、分かってないなぁ。

と、早速テイクオフへ。

登ってみると、5〜7mの正面のアゲンスト。

こりゃ、良い風です。

早速準備。

所が、準備しているうちに、サーマルブローが入って来たんだろう。

時々無風になったかと思えば、8〜9mぐらいの風が入る。

ちょっと、今日は上がるとは思うけど、荒れてて手強そう。

で、なるべく午後になってから、飛んだ方が良さそうだ。

しばらく待ってから、11:50頃テイクオフ。

戸田さんは、もっと落ち着いてから、テイクオフするとの事。

風は正面の風、5m程。

ようしっ、行くぞ!

どたどたどた!

あれっ?、って感じでテイクオフ。

が、北西風なのは地表だけ見たいで、ほんとは西風みたいだ。

離陸して間もなく、左へ。

と、間もなく次第に高度が下がり始め「あら?あらららららららら!」

迫り来る地面!

このまま、こらえるか?いやしかし、この辺は草が高いから、無理だろう。

此処は、もう一度走るしかなかろう。

って事を、瞬時に考えて、少しベースバーを引いて、もう一度全力疾走!

5歩ぐらい走って、再びテイクオフ!

しかし、中々高度か取れない。

今度は有刺鉄線が迫ってきた。

「ひぇぇぇぇぇぇぇ!?」

やべぇー!

と、間もなく飛び越えほ〜〜〜〜っと、一息。

はぁぁぁぁ、疲れたぁ。

何とかかんとか、無事テイクオフ。

しかし、ハングでタッチアンドゴーなんて、初めてだよ。

で、TO前の尾根で、しばらく回ってみるが、やはり上がりはイマイチ。

でも、100mぐらい上げた後、谷を渡って南側の尾根の上の牧草地に上空へ。

と、此処で大荒れのサーマルで+6〜7m/sで一気に1400mまで。

これ以上まだ上がるけど、かなり流れるようになってきたんで、止めて早速移動。

とりあえず、飯野川の山に向かう。

そうそう、途中写真をパチリ!

春霞のせいか、それとも花粉のせいか、凄い視程が悪い。

写真の左下に見える、飯野川の山の北西斜面を狙う。

南方向の石巻の方を見ると、日本製紙の煙突の煙を見ると、もう南風が入り始めているようだ。

写真じゃ、全然見えないけど。

でも、狙った所は、全然当たりがこない。

う〜ん、駄目かぁ?

まだ高度が、1000m以上あるうちに、移動するか。

とりあえず、今日は出来れば、登米往復。

っと、その為には〜っと、北上川の西岸の山並みの西側に、行かねば。

そうすると、この位置からは今日の風だと、う〜む。

南斜面のリーサーマルを狙うしか手が無さそうだ。

が、こんな天気で、リーサーマル狙うなど、身の程を知るべきでした。

すっげー、大荒れでサーマルはあったけど、シンクはもっと凄かった。

仕方なく、マックスバリュー上空で、上げなおした後、山に向かった。

この頃、戸田さんがテイクオフ。

山に戻ると、戸田さんが登山道のつづら折の道の上で、いい上がりで上げている。

う〜む、僕も行って見たが、あんなにいいリフトないなぁ。

どうにか、500mぐらいまで、上げ直したあと、戸田さんの上げた所に向かう。

が、もう売切れた後だった。

で、僕はランディング。

もう、凄い疲れちゃった。

戸田さんは、その後しばらくしてから、ランディング。

なんでも、960mまで上がったそうだが、回してて+5m/s以上の上昇率で上がってバリオが「ウキョキョキョキョキョッ」って鳴って、それでびびって回すのを止めたんだそうだ。

なんて勿体無い事を!

そこが春のサーマルの醍醐味だって言うのに。

なにはともあれ、久々に思いっきり飛べて良かった良かった。

でも、後でよく考えたら馬っ子山に渡って、南風を待って、シアーラインに乗って、行って見るべきだった。

う〜ん、これは次回への課題ですな。

上手くやれば、北上川沿いに南風に乗って、相当いけるはず。

これから、田んぼに水が入るまでの勝負だね。

所で今日もいい天気。

ヤフーの天気予報では、昨日より風が弱いらしい。

で、石川さんと戸田さんと、上品山に10:30集合。

しかし、出かける前08:30頃に石川さんから電話、「おい、そっちの天気はどう?、こっちはなんか雪降ってるぞ」ゲッほんとかよ。

窓の外を見て「え〜、こっちは快晴だよぉ」

「ほんとかよぉ」

で、官舎を出発して間もなく。

「今、中田町だけど、風、南西風吹いてるぞ!」

なに!

よく風を見る、風向は北西みたいだ。

でも、随分強そうだ。

「風向は大丈夫だよ、でも強いかも?」

「ほんとかぁ、まぁとりあえず行くけど」

で、集合。

やっぱり何か昨日より強そうだ。外したかな。

でも、早速テイクオフへ。

行ってみると、6m/sぐらいの正面の風。

中々いいんじゃない?

でも、しばらくしたら、「ザザザザザッ」ってブローがやって来て10m/sぐらいに。

う〜ん、出れなくは無いが、飯でも食ってくれば、その間に落ち着くんじゃないか。

でも、結局今日はフライトの取りやめ。

飛ぼうと思えば、さして難しくは無いんだけど、なんか気乗りしなかったんだよね。

う〜ん、今度此処で飛ぶのが楽しみだなぁ。

所で、製作中のカーボンベースバー、だいたい出来ました。

週末は、足尾の方に遊びに行く予定、でEXEの山本さん家で、ブラケット作って完成予定。

出来栄え?

う〜ん、仕上げまだだけど、こんなんです。

 

それじゃ、また。

戻る。


3月23日

今日は、akichanです。

今日と明日は休み♪

久々の土日休みなのだ!

で、この週末は裏板敷スプリングフライトに、途中参戦しようと思ってたのね。

で、ほんとは昨日の内に出発して、昨日の夜に、EXEの山本さん家で、ブラケット作って新しい特製カーボンベースバーでフライトだぁ!

って、思ってたのね。

所が昨日はタイヤ交換やら、墓参りやら、色々やってる内に疲れちゃって、いいや明日の朝早く行こう。

所が今朝起きたら、う〜ん、気持ち悪い・・・

どうも、風邪のようだ。

くっそー、なんてこった!

正直、山本さん家で、ブラケット作る用事がなけりゃ、出かけない所だけど・・・早く使ってみたいしなぁ。

所で、出来上がったベースバー、何時もの事なんだけど、つい仕上げで手を抜いちゃって大変見てくれが悪くなっちゃった。

もしも、また作る事があれば、格段に良い物を作る自信があるが、材料費が随分かかるんだよね。

殆ど、カーボンクロス代だけど、使った量からして1m×2mで一万二千円也。

まぁ、どうにも気に入らなくなったら、また作るかぁ。

それはともかく、ヤフーの天気予報見れば、今日は、いや、今日もか、天気が悪いみたいだ。

って事で、だいぶ体の調子よくなったんで、これから出発。

ついたら、早速ブラケット作って、完成だ!

戻る。


3月26日

今日は、akichanです。

今日は夜勤明け。

で、中々良い天気。

しかし、次第に南風が強くなるらしい。

さらに午後から曇ってくるとか。

だが、何とかなるか?

と、石川さんに電話して、今日は室根。

所が、9:50頃、向かう途中で石川さんから電話。

なんでも、一関は随分風が強くなって来たとのこと。

で、残念ながら、今日は断念。

 

所で、この間の土・日曜日足尾板敷方面に行って来ました。

土曜日は天気が悪かったから、ゆっくり出かけた。

そしたら、その日、飛んだ人も居たそうだけど、やはりぶっ飛びの天気だったらしい。

で、土曜日に板敷スプリングフライトに参戦してる石川さんと松本さんに落ち合う。

早速ベースバー見せびらかす。

自分では今ひとつの出来だったけど、思ってたより評判が良い。ちょっと嬉しい。

「しっかし、細いなぁ」

「割り箸三本分だな!」

「そこまで細くないでしょ」

 

やっぱり、細い?

で、晩飯食べに行った後、貢邸に行って、また山本氏や岡田夫妻に見せびらかす。

貶してんだか、誉めてんだかよく分からないコメントの後、早速旋盤を貸して貰って、ブラケットの製作。

で、翌日。

板敷で、大会のダミーやったらって、言われたけど。

ベースバー交換するのに、時間がかかると不味いので辞退して、今日は足尾。

行ったら、流石にこっちは、固定翼ハングがほんとに沢山。

しかも、過半数がATOS。

しかし、みんな固定翼乗ってる人は、奇麗にして乗ってるなぁ。

もうみんな新品みたいにピカピカ。

何か、僕のだけ十年選手みたいだ。

チームフラットの面々は、何時ものように今日のタスクは、「宇都宮⇒矢板⇒足尾ゴールだぁーっ」って言ってます。

う〜ん、とても一緒には行けそうもないなぁ。

大会の方はどうなってんのかな?

それにしても、やっぱりベースバー交換に手間取って、機体組む所から出遅れてしまった。

11:30頃から、続々テイクオフ。

見れば、意外と苦労してます。

しかし、上空には宇都宮に向かってクラウドストリートが。

良いなぁ。

所で、僕の方はようやく、準備完了。

さぁ、行くぞ!

と、此処で南風が・・・

時々、風がやんでます。

今まで西風で次々出てたけど・・・・・

ああ、僕の番だ。

「風、弱いですね。」

「ああ、気合入れて走ってね♪」

「・・・ハイ」

うおおおおおおおお!

この前飛んだ時と同じ様に、迫る杉林!

「とおりゃっ!」

ぎりぎりの所で、フレアーをかけて、かわしてやっとテイクオフ。

ふぅー

所で、フライトの方は、その後加波山でサーマルにヒットして、流して上げていくと、板敷、難台山のあたりを通って、大洗の方にストリートが。

みんな、どっか行っちゃったし、海にでも行ってみるかぁ。

って事で、大洗もしくは、常陸太田アウトアンドリターンを目指す事に決定。

しかし、北関東道と常磐道のジャンクションで、サーマルが沸きあがってる雲とただの雪雲を間違えて撃沈寸前。

早々に引き上げてきました。

しかし、こんなに上がると、思わなかった。

一番上がった人で、3000mまで上がったとか。

僕はハンドウォーマーしなかったから、もう2300mが限界でした。

ぶるぶるっ。

聞けば、大会の方は、烏山ゴールとか、なんだ僕も一緒に行けば良かったなぁ。

所で、ベースバーの方は、とっても使い勝手が良いっ!

実に良いです。

特に、高速で走ってる時に、全てのコントロールが、脇を締めて飛べるのが、素晴らしいです。

うーん、流石に自分の体格に合わせて、作っただけあるなぁ。

自画自賛してます。

で、握る所がカーボンを最初の予定より、凄い沢山巻いて、随分厚くなってしまったんで、どうも気に入らなかったけど。(20mmぐらい)

意外とこのぐらいが握りやすくて、実に良いです。

で、ランディングでは、思いっきり強度テストしてしまった。

でも、びょょょょょ〜んって、撓んで、問題なし。

しかし、表面の凸凹を埋める為に、後から塗ったFRPの層が、一部剥離してしまった。

やはり、補強の繊維が入ってないと、本体のしなりに追従できないみたいです。

色々、改善したい所もあるから、今度はエポキシかビニルエステル手に入れて、もう一本作り直そう。

ついでに、アップライトもストラット式にして、やっちゃおうかな〜

因みに、ボーテックのベースバーと一緒に並べてみました。

握る場所が、とても狭い事が、わかると思います。

こうして見ると、エアロベースバーにしては、凄く細いですね。

戻る。


3月31日

今晩は、akichanです。

先週、ようやく室根山が登れるようになり、今日は今シーズンの室根山初フライト。

天気はあいにく、曇りだったけど、今シーズンの初フライトだし、ぶっ飛びでも良いから、飛ぼう!

って、事で室根に集合。

ハングは僕と石川さん。

天気が午後から悪くなる?って情報があり早めに集合。

で、山頂へ。

で、風が西風なのか南に変わるのか、はっきりしない。

が、とりあえず手堅く、山頂の駐車場で、セットアップ。

結局、南風が入りだして、南東側のTOで、テイクオフ。

先に出た、校長先生、じわじわと上げてます。

意外と、曇ってるけどサーマルありそう。

で、テイクオフ。

う〜ん、およそ4ヶ月ぶりの室根テイクオフ。

思わず、「私は帰って来た!」クリックね。

で、フライトの方は、テイクオフから270mゲイン。

意外と、まずまずの条件。

でも、山の周りだけ。

まぁ、そんな天気でした。

戻る。


過去の記録