今日は、akichanです。

僕は、何時もはハンググライダーで飛んでますけど、たまにはパラグライダーで飛んだりもします。

で、パラフライヤーの、読者も多いようなのでたまには、パラグライダーの話題でも。

これは、去年の秋の事でしたね。

平日だったけど、確かいたのは、練習生と校長先生とY嬢、後お馴染みI氏、パラフライヤーのK氏、それに僕。

で、僕とI氏はハングでフライト。

ハングで飛んだ後、車を取りにみんなで山に行ったんだけど、まだ時間が早いし、テイクオフに行ったら中々良い風が吹いている。

でも、ハングで飛ぶにはかなり物足りない天気。

しかし、逆にいえば僕のようなパラの腕前でも、安全に飛べる天気な訳です。

で、みんなでパラグライダーでフライト。

所でうちのクラブは、ハングとパラ、両方で飛ぶ人が沢山います。

風は、西風3〜4m、リッジはきくけどサーマルは大分落ち着いてるようだ。

僕的には、絶好のパラ日和。

次々とみんなテイクオフ。

みんな穏やかなリッジで遊んでる。

でも、結構渋い。

粘りきれずに、何人かランディングに向かい、確か、残ったのは僕とI氏とK氏。

次第に風も落ちてきた。

西斜面のリッジで飛んでいたけども、所々小さいけど上がれそうなサーマルがある。

で、何時もハングで飛んでるつもりで、「ここだっ」って思った所で思いっきり体重を乗せて、ブレークを

引いて回してくるくるっと。

と、思ってたらキャノピーが目の前に。

「何故?」機体を慎重に元に戻す。

無線で、なにやらランディングで練習生の着陸誘導していた、校長先生が怒鳴ってた。

機体を安定させてから、リッジで飛んでいるとまたもサーマルにヒット。

「ようし、今度は!」

同じ様に体重を乗せて、ブレークを引いてくるくるって、何気に上を見たら、機体だけがくるくる・・・・

はぁー・・・、慎重に操作して、元に戻した。

なるほど、さっきから校長先生が怒鳴ってたのは、僕の事だったのか。(オオボケ・・・)

教訓・・・やっぱりハングとパラは違うって事ですね。

戻る。