5月30日 何だか中々忙しくて、HPの更新する暇がなくて前回からこんなに時間がたってしまった。

では気を取り直して4月22日から

この日は室根でフライト

なんだけど、あまり覚えていない・・・・まぁ大して良い天気ではなかったんだな、きっと

間をあけて4月28日

この日は山形の十分一の大会のダミー(最近はウインドテクニシャンとも言う)をやりに山形へ

今年の春のハングの大会は、どれもずっと悪天候に見舞われて不成立続きだったけど、この山形の大会も例に漏れず悪天候で殆ど飛べず・・・

僕が行った28日も強風で飛べず。

来ていたみんなはATOSなら飛べるなどと言うが、10mの風では飛べる訳がない。

続いて4月30日この日も山形へ

夜勤明けだったので着いたのが午後で、遅かったせいで楽に上がった時間は過ぎていて無風の中、十分一でウェイテング

天気はイイから上がる筈とは思うものの・・・軒並み飛んでた機体はジリジリと高度を下げている。

うーむ

そんな中、大門さんが納入する機体のテストフライトでテイクオフ

流石、大門さん探りを入れるような様子もなく、真っ直ぐ飛んでグランドのサーマルをヒット

うーむ、 流石だ。

ぶっ飛びでも良いやと諦めて、テイクオフ出来る風を待ってテイクオフ

グランドに出て探す度胸も腕もないので、地道に山際で探す。

っと大分苦労したけど、良いサーマルをゲット1500m(以後LDまでの対地高度)まで上がりこれは行くしかないなと

結構流されたので、そのまま亀山文殊方向へ向かう

結構シンクがきつく、湯沼温泉上空であっという間に1000を切ってしまう

駄目だ帰ろうと思ってLDにターンを切ったらそのままサーマルにヒット!

渋いながらも上がってしまう。

うむ、これはいける所まで行かねば。

サーマルが中々見つからず、またまたシンクで1000を切りやっぱり帰ろうと思ってターンを切ると直ぐにサーマルをヒットこれまた渋いながらも上がってしまう。

またまた気を取り直して南へ

でもやっぱりサーマルにヒット出来ず下がってしまい帰ろうと思っていたらまたまた・・・・・

こんな事を4・5回繰り返して高畠の近くまで

流石に後が続かなくなりこの後諦めてLDへ

終わって見れば中々、良いフライトだった。

午後から飛んだ中では一番だったし。

でも度胸があれば米沢まで行けたとは思う。

5月4日東風強風のこの日は秋田県湯沢市(旧雄勝町)の泉沢でフライト

着くと中々良い天気、みんなもう飛んでます。

因みに此処はトップの写真を撮った時のテイクオフ地点

此処で飛ぶのは本当に久々

他の人達もそうらしい。テイクオフに居た庄内の白木さんも2年ぶりとか

よーし、今日は帰りの門限がない事だし、日本海の海岸がゴールだ!

などと景気の良い事を言ってましたが、逆転層の為あまり上がらない・・・・

リッジで終始して終わった。

しかも、だんだん風が強くなってくるし。

5月12日この日は山形でフライト

東風の強風であまり楽しくないフライトだった。

どうも東風だと弱い風なら、凄くイイ感じになる日があるけど、強い時は全然駄目らしい。

もっとも東風が強くなる弱いかは、あまり天気予報が当てにならない。

1番当てになるのは、ノブさん予報のようだ。

2日後から翌日ぐらいだと高確率らしい。

嫁さんにプリン大福をお土産に買って帰る。これは美味しかった。

5月16日室根でフライト

飛ぶ人は僕のみ・・・寂しい。が平日だからみんな仕事が忙しいんだろう。

玉さんに車の回収をお願いしてテイクオフ

最初は渋くて上がりが悪かったけど、山の南西斜面でヒットして何年かぶりに1050ゲイン

凄い寒かった。

因みに凄い上がったと喜んで石川さんに電話したら、「山形は2700まで上がったんだって」って話にギャフン

でフライトの方は、クラウドストリートが見える南の矢越山へ向かうが、凄いシンク

地上の田んぼを見ると結構波立っている。

そうか西風が強いのかと思っていたら、実は反対に東風だった。

東風は海風。だから冷たい風だからサーマルはどんどん打ち消されてしまう訳で、あっという間にランディング

もう少し天気予報を詳しく見ておくんだった。

翌日土曜日、嫁さんと買い物の予定を急遽日曜日に変えて貰い山形へ

これは良い天気と思ってみんな集まってます。

でお昼頃テイクオフ

テイクオフして直ぐ雲の吸い上げで上げる。

が吸い上げの割りに凄い荒れてる。

先に飛んだノブさんは上げるとLDへ

僕はもう少し上げてからと回してから、LDへ

無線で風が強くなって来てテイクオフクローズしたとか聞こえてきてます。

石川さんが「おいakichanは聞こえてるんだろうか?のん気に回しているようだが?」と聞こえる。

ちゃんと聞こえてますよ。

返事が無いのは手が離せないからで、聞こえていない訳ではない。

ノブさんはと見るとマックスバリューの上で普通に飛んでる。

うん、まだそんなにやばい訳じゃないか。

前に慌てて降りようとしたら、雷雲に再接近した時に降りる羽目になって酷い目に遭った話を思い出して、とりあえず様子見。

LD上空のサーマルとも吸い上げともつかない渋いリフトでまったりと回していると、ノブさんが機体を振り回し始めた。

うーむ、これは結構やばくなって来たらしい。

僕も降りなきゃ。

所が、LD上空付近がまるで積乱雲の雲底のような有様になって、凄い吸い上げに

一旦南陽市の方に向かって高度を思いっきり下げてから、もう一度LDに向かう。

だけど対地で100mを切る高度からでも+3〜5以上で上がっていく

これが話には聞いていたガストフロントという奴らしい。

ハング暦は結構長いが初体験である。

この時点でLDに降りるのはとても無理と断念

直ぐに目に入ったのは湯沼温泉付近の休耕田

しかし、あの辺はもとが湿地帯で泥濘になっている可能性が高い。

いっその事上げて米沢まで流して降りるか?

でも、行った先で積乱雲に囲まれてたらOUTだよな

で、目をつけたのははっつき山の麓の休耕田、此処なら泥濘になっていない。

ただ、ガストフロントの進行度合いによっては、降りられない可能性もあるが降りるつもりなら今しかない。

直ちに振り回しつつ高度処理

あまり大きく回るとはっつき山のリッジ帯にかかって上がってしまうので、細心の注意を払いどうにかLD

結局天気が良すぎても駄目だったわけだ。うまく行かない物だな

所で、飛んでばかり居る訳ではなく、ちゃんと家族サービスもしてます。

これは菜の花畑、嫁さんも娘も大喜び

此処は、県の園芸農業センター、娘と嫁さんと義母と義姉と、遊びに行ってきました。

あと、青葉祭りにも行って来ましたよ。

←クリックでビデオです。