10月6日

今晩は、akichanです。

最近、コリキが元気が無い・・・

何でもウロウロウロウロしてるし、おしっこ漏らすしどうしたんだろう?って嫁さんが心配していて、うーむどうなんだろうねぇ?

って思っていたら、どうやら尿道結石だったらしい。

で、早速かかりつけの動物病院に連れて行く。

しかし、ペットの治療費って掛かるんだなぁ、具合が悪くなってから、4回通ったけど3万以上掛かってます。

こんなに掛かるなんて予想外だ。

でも、治ってから人懐っこくなったし良く鳴く様になって、いっそう可愛くなった。

所で、今度青森の十和田湖・奥入瀬渓流方面に紅葉見物に行く事になった。

僕的には、みちのく北方漁船博物館に行くのが楽しみ。

これは、先月末にやった船体内側のグラスクロスライニング作業

既にセンターボードケースは付いてます。

写真のトイレは、船に使う電動マリントイレ、ネットで購入で2万5千円也

一応、ワイドタイプなのだがそれでも家庭用に比べると、便座の前後の長さが4cmぐらい小さい。

ようやく、三つある隔壁全部が付きました。

で、門型のマストステップを使う事にして、マストの起倒を容易にしたいと思っています。

マストはハンググライダーの廃材を利用して作ろうかな。軽くて強いし


10月27日

今晩は、akichanです。

18日19日と青森に紅葉見物に嫁さんサービスで行ってきました。

ではその様子から

 

18日早朝、朝から良い天気で出発、一関インターから高速に乗る。

と・こ・ろ・が!

パトカー

パトカー

パトカー

この写真なんか、前走ってる車4台、全部パトカー

普通のパトカーだけじゃなくて、覆面も居た。(1台はさんで向こう側の車)

行けども行けども、パトカーばっかり

因みにみんな第一通行帯ばかり走ってるのは、こんだけパトカーぞろぞろ居る中で、パトカーに追い越しかけようと言う人が居なかったから。

みんな捕まりたくないもんね。

どうやら、走ってる警察車両の中に山形県警広域緊急救助隊とか何とか言う表示のされたトラックが沢山走っていたので、何かの訓練らしい。

でも、走っているのは山形だけではなくて、福島や岩手の県警も沢山走っていた。

数えただけでも、パトカー50台以上、覆面20台近く。

おかげで、ずっと80km走行

しかも前後にパトカー挟まれて走るのは、なーんか無言のプレッシャーを感じるなぁ。

所が、11時を過ぎた頃から警察車両がみんなSA・PAに引っ込んでしまった。

うむ、何だろう?

しかし、警察が居ないとスピード出す訳ではないけど、なーんか伸び伸びするなぁ。

はたと、気がついたのだが警察だって公務員。

奴等も公務員だからどんな時でも、昼飯は11時から昼休みは13時まで

うーむ、我ながら成る程

で、どうにか青森市到着

遠いなぁ

早速、僕の希望だった船の博物館へ

受付で入館料を払い中へ

所が!

見たかった、今年完成したって言う千石船は造船所に戻っているそうな・・・・

ガ−ン!!

遥々来た意味ねぇーじゃん

がっかりしたが、気を取り直して館内を見学

これは、サノマジック建造のセーリングカヌー

うわー、可愛い!とマキちゃん

しかし、「竹のざるに牛糞とコールタールその他を混ぜたものを塗りこみ作る」と、説明書きを読んだ途端にマキちゃん飛び退いた。

バイキング船の復元船があるとは、知らなかった。

結構大きいです。

しかしこの船、船台の位置が良くない為船体が歪んで来ていました。

それにデッキが水密構造ではないのだろうか?船内に雨水が溜まり腐食しているようだ。

もう二度と海に出られない状態になっている様な気がします。

動態保存しているジャンク

でも、あまり見る所は無かったな。

博物館を見た後、観光物産館へ行きお土産買い。

時間があったので、棟方志功記念館へ

館内は撮影禁止

なので入口のみ

何故か、嫁さんが気に入ったブロンズ像

で、宿のある十和田湖へ

途中、「ねぶたの里」に寄る。

妙に閑散としている駐車場

此処から展示場までの遠い事

でも結構良かった。

で、此処を出て十和田湖へ

途中、八甲田山を通る。

良い景色だなぁ。

こっちは酸ヶ湯温泉

そうこうしている内に真っ暗になり、散々迷ってやっとの事で、宿に到着

建物は正直古くて、足音が響きます。

でも料理はまずまず、美味しかった。

紅葉の季節の為、凄い混んでました。

で、翌日

この日も朝から天気が良い。

紅葉は今が見頃

此処に来たら此処で写真を撮るのはお約束

この後奥入瀬渓流へ

平日の為だろう、沢山観光客が来ていたけどみんな爺さん婆さんばっかり

平日に遊べる身分って言えば、リタイヤした人なんだろうな。やっぱり

その後、十和田湖の周りをドライブ

これは岩木山方向

凄い景色だ。

うん、ハングで絶対この森を飛び越える様な事はしたくないな。

午前中は大気が澄んでいたんだけど

午後になると

靄って来ました。

いや、それにしても綺麗だった。

嫁さんも大喜び

その後、秋田の大館に寄り、昔のきりたんぽ屋にてきりたんぽ鍋を食べる。

これまた、美味かった。

でも2年前に来た時より味が濃くなった。

親父さんに聞くと、味を濃くしてほしいとの希望があまりにも多くて、本当はしたくないんだけど濃くしたとの事

もしも、食べに行くのなら薄味、昔の濃さでお願いしますと注文すれば、親父さんも喜ぶかも?

帰りは睡魔との闘いであった。