10月4日

今晩は、akichanです。

1日に室根山で安全祈願祭があり、出席してきました。

って写真撮れば良かったなぁ。

で、それとハングチームで状況証拠をつき合わせて事故の検証を行う話し合いがもたれました。

その席上で、ハングのメンバーの医療関係者より糖尿病などでの症状では、フライト中に意識を失うと言った事は考え難いとの事で、あと脳卒中なども元気だった人が、事前の兆候なしにいきなりって言う事もほとんど無いって言う事で、体調不良の線は無くなってしまいました。

で、振り出しに戻って、装備とかを検証したんですが、ここ半年で「彼が激痩せした」という点、借り物の試乗機だった点、テイクオフが最近うまく行かずスタ沈が多かったと言う点に注目して、議論が進みました。

で一応の結論が出ました。

どのようなものであるかと言うと

 

最近激痩せしていた、半年で10kg近く、一年前に比べると15kgぐらいは行っていたらしいです。

その為、機体のスイングラインの位置が体重が機体の下限に近いほど軽くなってしまった為、今までの位置では後ろ過ぎるようになってしまったのでないか?

スイングラインが後ろ過ぎると、テイクオフで走る時アタックアングルが上がり易くとても走りにくいので、どうしてもスピードが乗らず、スタ沈しやすいです。

以前彼がスタ沈した時も一緒に見ていたんですが、確かに走りのスピードが乗らない点もこれで説明できます。

それと事故機は借り物の試乗機だったんですが、元の持ち主は結構体格の良い人で体重が90kg代はある人でしたので、おそらくスイングラインの位置は割りと後ろの方に調整される筈で、そのまま事故当時乗ったので、キングポストの設定などはそのままだった筈で、スイングラインの位置はかなり彼の体重に対して相当後ろの方になっていた筈です。

この点は、後でマップスの方で事故機の写真を撮るそうです。

それと、機体がXCの155だったかな?

だと、彼の体重は当時70kgを切って居たそうなので、適正体重の下限を切っていたかそれともギリギリだった筈です。

その場合、通常ならスイングラインの位置は随分純正より前方に移動すべき筈で、そうしないとニュートラルスピードはかなり遅くなると思われます。

それも、翼面荷重が下がった分以上に。

それと、機体の発売元よりタロンよりもXCの方が失速は早い傾向があるとの事で、通常飛ぶ速度はベースバーを引き込んだりしなければ普通に飛ぶよりも大分失速しやすい状態であったと推測されます。

それて゜そのセッティングだと旋回中に、不用意に押し出したりすれば普段のフライトではありえないぐらいの操作でも容易にサイドスリップを引き起こすと思われます。

また、かなり低速よりの調整であったので、もともとの飛行速度も低ければそのサイドスリップは容易にかなり深いものになった事が推測できます。

これにより、経験豊かなパイロットであっても、このような事故を引き起こす可能性がある事が分かりました。

状況証拠の積み重ねで出した結論なので、断定は出来ませんが信憑性の高い原因の推定になったと思います。

因みに、僕ですか?

いやぁ、痩せた場合は要注意なんですが、僕は太る一方ではい

 

その後、、、、

お昼は芳郎さんの供養も兼ねて、芳郎さんがこよなく愛した、超!大盛りのざる蕎麦で近所で有名な、中島屋にみんなで行く事になりました。

いやあ、あの大盛りざる蕎麦がこれだけ並ぶと壮観ですねぇ。

所で、室根エリアは1日の安全祈願祭をもってエリアオープンとの事。

が、中々天気が。。

どうして僕が休みの日は天気が悪いんだろう?

ねぇ、コリキ

伸びー!

全然聞いてないし

しかし、最近俺に似て太って来たな、特に腹が

分かった分かった、太ってねぇからアップになるな

って言う事で明日は飛べるかな?

因みにコリキは随分大きくなりました。


10月6日

今晩は、akichanです。

ようやく飛べたー!

って事で、5日昨日室根山で戸田さんと飛んで来ました。

いやぁー、一ヶ月ぶりのフライトです。

流石に、ああいう事の後で久々のフライトだとかなり緊張しました。

12時56分に僕から北西側からテイクオフ

飛んだ頃には随分サーマルが垂れて来たけど、どうにか雲底に

因みに雲底高度は海抜で1300m

その頃、お地蔵さんになってた戸田さん、ようやくテイクオフ

がっ、上がりませんねぇ。

どうやら此処までは来れそうに無い様なので、山の周囲は垂れてきそうだったので、クラウドストリートを西へ

しかし、全体的に渋くなってて上がらず、ランディングへ

因みに戸田さん、この間「俺は連続でぶっ飛んだ事は無い!」と言っていたがめでたく前回に続いて今回、連続でぶっ飛んだのでした。

新居ではドコモの携帯の電波が届かないので最近、携帯をAUに換えたんで、今回から新しい携帯のカメラでフライト中の写真とか撮ってます。

しかし、新しいんだから映りが良いのは当たり前かもしれないが、今までとは比べ物にならないぐらい絵がキレイです。

コリキも満足かな?


10月8日

昨日、マップスから連絡があって事故の話なんだけど、遺族の方から、何でも糖尿病で車を運転中に突然意識を失って事故を起こして亡くなった方が知り合いに居たそうで、病気の線もやっぱり可能性として高いらしい。

それから、さらにオーパの桂さんによるとXC等の中級機においては体重が減った場合などは、スイングラインの位置を後ろにずらす事もあるそうで、スイングラインの位置説も信憑性を失ってしまった。

ついでに、玉さんから「吉田さんの体重は90でなくて80kgで、芳郎さんは15kgも痩せてない」そうでし

むむぅ、再び真相は闇の中へ

所でこの間飛んだ時、石川さんも誘ったんだけど、石川さんは石川県の獅子口の大会に行くそうで、むむっ!

石川県とえば、北陸

北陸と言えば、越前蟹!!

って訳で、無理言って買って送って貰うようにお願いしました。

で昨日、送られて来ました。

しかも、随分値切って頂いたみたいで、1万円の蟹を6千円まで値切ったそうで石川さんに、感謝感謝

今日は嫁さんの実家でカニすきパーティーです。


10月10日

おはようございます。

で、一昨日は多賀城の嫁さんの実家でカニすきパーティー♪

ε= o(´〜`;)oタベスギー

お腹一杯じゃ

翌日、三連休でこの日曜日だけが飛べそうって事で、戸田さんと待ち合わせして室根山へ

コリキは家でお留守番

 

がっしかし

 

低い雲底

大丈夫かな?

とりあえずは、セットアップ

 

組んでる間にさらに雲が低くなり

 

麓が見えん・・

いざとなれば畳んで降りるか

と、組みあがった頃、雲が晴れてきました。

やった

 

で、僕からテイクオフ

テイクオフしたものの、リッジも弱くてじりじりと下がって行き

ぶっ飛びか!?

 

その後、写真に見える鉄塔付近でちっちゃいけど、強力なサーマルをゲット

グリグリグリーっと回して上がっていきました。

それを見ていた戸田さんは、「チャーンス!」と思ったらしいが風がサイドでお地蔵さんに

このサーマルテイクオフレベル+ぐらいまで上がるとばらけてしまいこれ以上は上がらなそう

どうも、サーマルは東風で出来てるんだが、この辺から上は北西風らしい?

その後、再び下がって行きうーむ、今日はおしまいか?と思ってたらパラのLD付近でまたまたヒット

これまた、小さいけど強かったんで、機体を思いっきり立ててグリグリと回して上がった。

結局、最近に無く良い練習が出来た。

その後、嫁さんに格好良いランディングの勇姿を撮影して貰おうと思ったが、嫁さんがLDに着く前に降りてしまった。

 

それにしても、此処まで天気が良くなるとは、全然思いもしなかったなぁ、もう少し待って飛ぶんだった。

その後しばらくして戸田さんがランディング

うむ、酒田の土井損師ほどの派手さは無いが、期待を裏切らない所は流石です。

 


10月12日

今晩は、akichanです。

今日は良い天気だった。

しかし

 

油断した。わが身の不覚であった。

もしもこれ読んでましたら、回収作業をして頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

しばらくこの後、動けなかった。

 

所で、ベテランの事故の際良く言われるのが、「何時もと違う雰囲気があった。」「妙にハイテンションだった」

等等言われてますが、嫁さん曰く「機体を車から降ろす時に、落っことした。今までこんな事一度もした事無かったのに」

「妙に神妙な顔で、真剣に準備していた」

「何時もは笑顔を絶やさず、えへらえへら笑ってジョークの一つも飛ばす筈なのに」

「随分普段からはありえないぐらい緊張していた」

だそうな。

いや、緊張していましたよ、確かにうん

今にして見れば、あの時「今日はakichan!何時もと違うよ」「嫌な予感がするから止めた方が良いよ」って言えば良かった。

との事。

うん、正にっ!!

こんな事なら止めとけば良かった。

もしも、身近なベテランフライヤーとかが何時もと違う事をしていた時は、勇気を持って指摘しましょう。

指摘された人も、その意見には合理的な根拠が無い等と思わないで、素直に受け入れる度量を持ちましょう。

って俺の事だな、やっぱり

スタ沈の原因は単純にテイクオフが下手だったから

ビデオを見ると全然浮いてない。

走りのスピードはこの間とそれ程変わりが無い所を見ると、明らかに風の条件の判断が甘かった。

おかげで、しんぜん事件で飛躍的に高まった我が家に於ける亭主の権威は今回の件で砂上の楼閣のごとく崩壊し、それに換わって嫁さんの権威が飛躍的に高まり再び嫁さんには頭が上がらない様になってしまった。

因みに嫁さん、結婚した頃から此処のサイトの愛読者で、「あこがれる人は誰?」って聞くと「鬼嫁ー!」と答える始末

お願いだからちゃんと話は全部聞くから、鬼嫁の真似だけは程ほどにねm(_,_)m

まぁスタ沈とは言え、怪我しないですんで本当に良かった。


10月14日

今晩は、akichanです。

読者の要望で、今日のコリキコーナーを新設しました。

所で今回のスタ沈ではあまり機体が壊れてなくてほっと一安心でした。

運良く、細い枝が多い辺りだったのと、回収作業に来てくれた照井さんや伊藤さん、玉さんまきちゃんみんなが手際が良かったおかげで、感謝しています。

損傷は結局右フラップの真ん中辺りにクラックが入っただけでした。

で、昨日一昨日と早速修理

この程度なら、材料さえ準備できれば、たいがいの人は自分で出来ると思います。

いや、良かった良かった。


10月22日

おはようございます。akichanです。

無事修理も済んで、昨日飛んできました。

もっとも、その前に色々あったんですが。

まず17日の話から

17日月曜日、僕は休みだったんだけど、天気予報によれば飛べるらしい。

しかし、嫁さんから単独フライト禁止令が出ているので、戸田さんに連絡したら今日は夜勤明けとの事。

それで、戸田さんの家まで迎えに行くから、飛びに行こうと提案♪

で、室根山へ

中々良い天気か?

早速テイクオフに行って、準備

しかぁしっ!なんとした事か翼端のリブを止めるカニの爪の形をした金具が折れているのを発見。

スペアのパーツは持っているんだけど、新居に引っ越した時に車から降ろしたまんまだった。

くぅー、涙を呑んで断念

(´・ω・`)ショボーン

戸田さんのみこの日はフライト

所でこの日の風はわりと強めの南西風

普段の南側のTOではサイドの風がきつくて、南西のTOからテイクオフ

いやぁ、此処僕もあまり良い印象が無いんだよなぁ。

戸田さんも、結構ビビッてます。

(゜_゜i)タラー・・・

結構沈んだものの無事テイクオフ。

その後100mほど上げたものの、それ以上は無く程なくランディング

僕らは戸田さんがテイクオフした後、自分の機体の点検後撤収。

戸田さんのランディングの決定的瞬間をカメラに捉えるべく急いで下山。

しかし、時既に遅く、ランディングした後だった。

戸田さん、満面の笑みをたたえて曰く「今日はまぁ、ぶっ飛び見たいな物だったけど、ランディングは今まで無くばっちり決まった!」

「まぁ、誰も見てないからねぇ」

「今日のフライトで何かを得た気がする」

チャラララチャッラッラー!DQのレベルアップの効果音

戸田はランディングレベルが上がった!

格好良いフレアーを身に付けた!

「って所?」

「そうそう♪」

だそうな

それとこの日、降りる途中で道路際の山葡萄の生えてる所を見たら、結構鈴なりに生っていたので、今年は山葡萄の当たり年らしい。

飛ぶぞーと思っていた20日、天気が悪いので嫁さんと室根に山葡萄を採りに行ってきました。

でマップスに着いて、玉さんにコーヒーをご馳走になりながら「akichan相変わらず太ったねぇ。職場で何か言われない?」

「うーん、言われてます。最近バーバパパって」

何かなぁ、何処が面白いんだろう??って思うんだが

って隣で練習生のもっちゃんが苦しそうに笑ってます。

どうやらツボにはまっているらしい。。。

何でも体型がパパ(右から二番目)に似てるらしい??

で山葡萄採りに山へ。

いやぁ、山頂のトイレの裏にも生っていたのは知らなかった。

ビ(゚∇゚*)ビックリ!

此処で3kgほど、その後何時もの所でトータル10kgほど採ってきました。

いや、今年は豊作だなぁ。

でも何時も沢山採れるポイントで、山葡萄の蔓が根元から切られていたのは、とっても悲しかった。

地元の人だろうか?あまりにマナーが悪すぎると思いました。

で、昨日

何でも昨日金曜日からから日曜日にかけて、ハングランディングを室根神社の大祭で駐車場に使いたいとの事だったのだけど、金曜日は来る車が少ないから大丈夫との話で、飛べる事になったんだな。

で、そろそろランディング場の草刈しなくちゃって思っていたら、駐車場にするからって事で役場の方で草刈をしたみたいで。

で、テイクオフに登って準備して、その間に柏山さん照井さん伊藤さんとかがパラで飛んで上げてて、ようし準備完了っ!俺も行くぞっ!って思ったその時

先に飛んで雲底近くに付けてた柏山さんから「何だかハングLDの所に機械が入ってますよ」との報告が

何だ何だ?玉さんがLDに行って確認したら、草を集めてデッカイロールにするトラクターみたいな機械が入って草刈した草を集めているらしい。

もう少しで終わるらしいから、ハングのテイクオフは終わるまで待てとの事

所が、その機械調子が悪いらしく、中々動かない・・・

テイクオフから動きを見てると、しょっちゅう止まって動かない・・・

次第にイライラしてきて、何でそんな整備不良を持ってくるんだー!

ヽ(`◇´メ)ノ ムキーーー!

結局1時間も待たされる羽目に

おかげで、すっかり良いサーマルのタイミングを失いぶっ飛んでしまった。

ちくしょー、がっかりじゃ

その代わりハングのランディング場はすっかり綺麗になりました。

所で、ATOSの翼端カバーの袋が古くなってビリビリ裂けまくって来たので、嫁さんにお願いして新しく縫って作って貰った。

花柄でとっても良く目立つ。

因みに最近、室根からご無沙汰の石川さん、何でも一昨日、配達のバイトでバイクを運転中に黄色スズメバチの襲撃に遭い、農道の側溝に突っ込んで激しく転倒したそうな。

幸い怪我は大したことは無いって聞いていたんだが、昨日ちょっと聞いてよと電話が・・

聞けば、蜂に刺された訳ではなく運転中に腕に蜂がしがみついて、慌てて蜂を振り払おうとしたらハンドル操作を誤って側溝にはまったらしい。

ヘ(´ー`;)ヘ ヤレヤレ・・・・

しかし、今日になって足の親指の爪が黒くなってその辺が腫れてるとの事で、病院へ行くとの事

それで、昨日の夜、またまた石川さんから電話が。。。

何か、余程腹に据えかねる事があったらしい。。。。

「頭に来た!」

ヽ(`◇´メ)ノ ムカー!

「病院に行って診察受けたら、爪の裏側に血が溜まってるとかで、吸い出さなくちゃならないんだと」

「それで、麻酔したんだけど、全然麻酔が効かないんだ」

「それなのに、ぶっ太い針でグリグリーッて爪に穴を開けるんだよ!」

いっ痛そう・・・

因みにこの話を聞いたうちの嫁さんが「まるで拷問みたい」だそうな

「まったくあの薮医者めっ」

だそうで、おかげで来週からは走ったり出来るそうな。


10月25日

今日はakichanです。

リベンジだっ!!って言ってた月曜日、残念ながら前線通過後の強風の為飛べる可能性無し・・・

天気は良いんだが・・・

こう言う時は家族サービスだよねぇ、家族って言っても嫁さんしかまだ居ませんけどね。

でもこういう事を欠かさない事が、フライトごとに付き合ってくれる事に繋がるのだ。うん

って訳で今が見ごろの紅葉見物に鳴子・栗駒へ

どっちかと言うと地元なので、一度も見に行った事の無かった、鳴子峡と間欠泉を見に行く。

ほほぉ、これが有名な間欠泉

大体10Mぐらい上空まで吹き上げます。

次が鳴子峡

因みに流れているのはお湯

間欠泉から流れた熱湯に川の水が混ざって、ちょっと温めだけど

何故か、此処で飼ってた変な鶏

他の人に聞くと、これがかの有名なウコッケイだそうな(IMEでは漢字が出ない・・)

鶏小屋を覗くと、可愛いひよこが

可愛いなぁ、ピヨピヨ

因みに此処で売ってた温泉卵、残念ながらウコッケイ卵ではないようだ。

代わりに此処で買った、山葵煎餅・・・・

悶絶するほど辛かった。こんな危険物売ってて良いんだろうか?

その後、秋田県に入り

湯沢市の三途川渓谷へ

因みに此処、橋の上から眺められるんだけど、凄い高いのだ。

100mぐらいは軽くありそう。

ハングで飛ぶ時は、低いくらいって思うけど、こう言う所から見るのはかなーり怖い。

それから近くの川原毛地獄へ

此処が一番紅葉が見頃だった。

有名な川原毛大湯滝は此処から遊歩道を谷底へ下った所にあります。(天然の露天風呂、上から温泉のお湯が滝になって流れ落ちている、その滝つぼが露天風呂。因みに混浴)

一応せっかく来たので登って見た。

この時はまだ余裕だったが、途中で疲労困憊して退散

結構疲れた。

登った距離、鬼首の花立峠のTOよりも登った。

その後、栗駒山荘で温泉に浸かって帰って来ました。

残念だったのは、あの栗駒山荘の絶景露天風呂が着いた時には暗くて何にも見えなかった事

で、今日25日

さあ飛ぶぞっ!って思ったが今日も強風であった。

チャンチャン


10月28日

もう、日付が変わってますね、おはようございます。

昨日は、室根で飛んで来ました。

何だか、高気圧が来てるこの3日間で一番期待出来そうな金曜日、戸田さんと待ち合わせて室根山へ

行く途中はとっても濃い霧で、うむ、ゆっくり目が良いのかな?と思ってたら室根山は朝から晴れていたらしい。

お昼前に到着、早速テイクオフへ

しかし、準備完了した頃にはなにやら層雲が張り出し、ぶっ飛びの匂いがプンプンします。

僕は、テイクオフに不安があるので、テイクオフ出来る風がある内にとっととテイクオフ

がっ、上がらない。

山に寄ればステイは出来そうなのだが、パラに混ざって飛ぶにはちょっと僕の飛ぶスピードが早すぎてちょっとしんどい。

むむぅって思ってる内にじりじりと下がって、結局今日もぶっ飛び

うーむ、スランプじゃ

せめての良い所はLDに誰も居なかったからなのか、今日もLDは体操選手の着地のごとく決まった事だけだった。

で、降りた後戸田さんがテイクオフ

じわじわと上げて行き、良い感じで飛んでます。

でも、この天気だしー等と思っていたんだが、だんだん上げて行き「うわぁー、良いなぁ」

すっかり機体を畳んで片付け終わり、山を見上げるとまだ飛んでる、しかも上がってるし。。

戸田さん、その後も大分長い間飛んだ後、ランディングへ

今日も続けてぶっ飛んだ僕としてはとっても羨ましいなぁ。

なにやら、200mぐらい上空でアップライトに持ち替えて立ち上がって、ランディングの練習か?

余裕あるなぁ、きっと下でカメラ構えて待ち構えてる僕らに備えて、ばっちりランディング決めるべく準備は怠り無いって事か。

羨ましいが、これは腕の差か。

今日は完敗だなぁって思っておりました。

┏(ー_ー|||)┓ガックリ

この時までは

その後、戸田さんに「きっと擬音入りで書くんだろう?しかもフォントとか色とか変えて」と言われましたけど、これはちゃんとビデオに音も入ってるし、百聞は一見にしかずでげすな。

でへへ

因みにこの様に派手にクラッシュしつつ機体も壊さず、怪我もしないLDを東北地方では土井る」と言います。

その後、石川さんが機体のセッティングを調整したんでテストフライトに来た。

ので車を下ろしてあげると、一緒に山へ

本当はあの話を詳しく聞きたいので

やっぱり電話とメールだけでは良く伝わらないのだ。

石川さん曰く「お前ら笑い過ぎだ!」

o(`へ´*o) プンプン!

いや、だって面白過ぎだし

いや、詳しく聞いたら、あまりに痛そうな話に背中がムズムズします。

詳しく聞きたい人は、石川さん11月の足尾の大会に行くそうなのでその時に、スズメバチの話聞かせて♪って言えば面白おかしく聞かせてくれると思います。てへ

いやぁ、山へ行く車中で戸田さんと、どうも岩手の病院は碌な話を聞かない。

我々は何かあっても絶対宮城の病院に運んで貰おうって話をしてたんだよね。

石川さん降りた後、僕らが笑い過ぎたので「戸田さんもクラッシュした時、足の親指にボッコリ血豆が出来れば良かった。俺が良い病院を紹介してやる!」

ぎゃははは

僕は、ぶっ飛んでイマイチのフライトだったけど、まぁ面白い話も聞けたし、面白い物も見せて貰ったし満足です。