みなさん今日は!

落っこちてから凹みっぱなしのakichanです。

所で、真面目な話は、一まとめに真面目なコーナーに移動しました。

そんでもって、事故レポートと其処までいかなかったけど結構危なかった事を、皆さんに書いて頂く為の掲示板を新設しました。

是非皆さん心当たりの事があれば、書き込みよろしくです。

因みに僕の復活は、8月になる予定。

それから、リンク追加しました。6月22日


7月13日

今日はakichanです。

意外と早く修理が終るらしく、来週には復活する予定。

でも修理代に頭を抱えています(;_;)

それから、落ちてからすっかり体がなまってしまいちょっとした力仕事にも筋肉痛が・・

って事で復活に向け、鍛え直さなくちゃ。


7月21日

今日はakichanです。

元気に育ってくれると良いけど、なるべく早く育って欲しい。

でないと、ベランダが鳩の糞だらけだよ(;_;)

これが鳩じゃなくてトンビなら、自分で飼い慣らして見たいもんだけどねぇ。

そして飼い慣らして、自分専属のウインドダミーにするのだ。

グライダーは来週取りに行く予定。


7月28日

おはようございます、akichanです。

台風接近中らしいですね、しかも東海地方に直撃コースらしいし。

所が随分珍しいコースみたいです、おかげで僕の居る東北地方には影響はあまり無さそう♪

で、26日ようやく復活を果たしました。

でもその前に、24〜25日とうちの職場で年に一度のイベントがありました。

写真がでかいのでサムネイルにしてあります。

見たい人はクリックして見てください。

2004.7.24-1.JPG (89865 バイト)

陸自のOH−1隼、結構格好良い!見た目はコブラに開発中止になっちゃったけどコマンチのテイストを盛り込んだような雰囲気。

空中戦を想定して開発したそうだから、来年はこれでアクロフライトをデモして欲しいなぁ。

2004.7.24-2.JPG (82915 バイト)

うちの職場に配備されてるF−2、なんでも50周年塗装だそうで、尾翼に独眼竜政宗の絵が描いてます。

良く映って無いけど(^_^;

2004.7.24-3.JPG (95777 バイト)

チームエアロックの新しい。。。Su−29だったっけ?

残念ながらこれはフライトせず。

2004.7.24-4.JPG (112873 バイト)

おなじみピッツスペシャル。

間近で見るとほんとにちっちゃい。まるで特大ラジコン機みたい。

なにせスパンが6mぐらいしかない、しかもそれでいて二人乗り。

この小さい機体に280馬力だもの。

でフライトを見てましたけど一番見てて面白かったのは、やっぱりエアロックのピッツスペシャルのアクロバット。

いや、大したもんです。

個人的にはスピンダイブとその回復が参考になりました。ちょっと違う?

で26日、板さんの所に行って、あれこれ手続きとスピンダイブとか背面になった時の回復動作について聞いたり。

何でも、オーストリアのクラス2・5とレディスの世界選で、+10以上なんて言う強力なサーマルで上げててはじき出された拍子に、スピンダイブに入って其処からバタンと背面に入って、回復したそうな。

スピンダイブから背面って所は僕の状況に良く似てたんで、わりと参考になりました。

何でも2000mでなったそうですけど、その場所が1500mの山の上空。

対地では500mぐらいしか無かったそうな。

場所を考えると落ちたら助からんかも?

回復操作に入るまで、6秒ぐらいかかったそうです。もっともそういう時って時間が長く感じるんで僕個人としては多分もう少し短かったんでは?とも思いましたがスピンダイブに入って「わぁーー!!」で3秒、バタンとひっくり返って「わぁーー!!」で3秒で合計6秒だそうです。

それから、ベースバーをとにかく引き付けてノーズの方に体重を乗せて、ピッチダウンさせると言う事を思い出し力いっぱいしがみついて引き込んでどうにか回復したそうな。

使った高度は300mぐらいだそうで、状況の割りに意外と少ない。リフトの中であったのだろうか?

その後また、近くの10m以上のサーマルに突っ込んで競技を続行したそうです。

とか、色々話を聞いてきました。

で26日は南風って事で板敷でフライト

かなり前日にテストしたら性能良すぎるから、デチューンしようかと言われたんだけど、ちょっと勿体無いし原因は低速側にあるんでスイングラインをもっと前よりにセットして、長さを短い物に換えてもらう事にしました。

何でも最新のATOS-Vと飛び比べてもほぼ一緒らしい。

テイクオフでグライダーをセットアップして担いで見たら、おっ重い!

どうも走れる気がしないぞ。

まぁ板敷だから走らなくても飛べるから良いかぁ。

条件はかなり良さげで、練習生のファルコンが真っ直ぐ飛んで上がって行きます。

で僕もテイクオフ

結構強めのサーマルに直ぐヒット、早速回す。

が、スピードが遅く出来ない、コーディネートして押し出そうとするとあの時の事が思い出されて、ビビッてしまう(^_^;

おかげでずっとGPSと風向風速からして50km以下に落せない。だから始終風切音が轟々としてます。

しかも久々なんで、ちょっとした乱れでもビクビクして何時もの様にカメラ出して写真をパチリなんてとても無理。

おまけに自分の機体、こんなに過激に性能良かったっけ?どうも性能が少し上がってる気がする?

で頑張ればもっと飛べるんだけど、神経使い果たして一時間ほどでランディング

しばらくは馴染むまでかかりそうです。

それに僕には正確なスピードメーターが必要ですね。

XCトレーナー用のスピードセンサーはあるんだけど、設定の仕方が分からない。

そのままだとスピードが半分ぐらいに表示しててとてもセンサーは使えない、誰か知ってる人に聞かないと。

まぁ、これからは慎重に行こう。