12月14日

おはようございます、akichanです。

全っ然飛べねぇ〜〜!

先月室根でぶっ飛んで、悔しくて歩いて登って以来まったく飛んでません。

かれこれ一ヶ月になるなぁ。

これからさらに飛ぶには風が強い日が多くなり厳しい季節になります。

さて、全然飛べないし、って訳ではないんですが以前から自転車が欲しかったんですよね。

僕の住んでる所の直ぐ近くには有名な北上運河があってその運河沿いの遊歩道を自転車で走るのも中々良いだろうと。

それで、迷いに迷って居たんですが、昨日ボーナスも出た事だし思い切って買っちゃいました。

此処のページの一番下にあるTsnami960sluって言う奴。

ええ、こう言うのが欲しかったんですよ。

でも届いてもちゃんと乗れるかどうか心配だ。


12月23日

今日は、akichanです。

相変わらず、飛んでません。

のでせっせとあの自転車乗ってます。

あの自転車↓

名づけてツナミ960sluダイソースペシャル

いやあ、この自転車、もともと荷台と泥除けが付いてないんですよ。

まぁ、スポーツとして乗るなら、晴れた日中しか乗らないから、全然OKなんだけど一応お買い物自転車としても考えていたので、無いと不便。

で、問い合わせた所、純正の荷台は強度が不安だそうなので、ありあわせの材料で荷台を作りました。

純正は強度に不安があるとか聞いていたので、頑丈に作ったらいやあ、此処にもう一人乗れる(^_^;

ホントは荷台に使ってるアルミのチャンネル材も肉抜き穴とか空けると、軽くなるしアクセントになって良い様な感じだけど、面倒なのでとりあえずパス

いずれ暇な時にやろう。

で、泥除けはPPシートを荷台に取り付けた。フロントはホームセンターでMTB用のを買ってきた。

因みにかごとテールランプとPPシートはダイソーで。

いや、便利な時代になったものだ。

後はフロントのライトなのだが、此方はどうしようか考えてます。

ホントはハブダイナモにしたいのだが、そうするとホイールをもう一つ用意した方が良いらしい。

がいずれフロントの方もサスペンション付にしたいので、それを考えると同時に行った方が無駄なコストが掛からない様なんだが、大掛かりになるし年末でお金ないしなぁ。

まあ、来年になってから考えよう。

因みに、この自転車の今の段階での、インプレッション


まず組立てから

組立てといってもシートと前輪が外してあるだけでした。

だからそれを着ければOK

ただ、ユーザーの身長や体格に合わせて、ペダルの位置を調整しなくてはなりません。

これはメインのフレームにペダル部分が差し込まれる様になっていて、その差込代で調整するようになっています。

が、一番短くしてもイマイチ、ペダルに足が届かない。

どうやらメーカーの想定以上(身長165cm以上に対応とある僕は170)に僕は足が短いらしい、がっくり_| ̄|○

で問い合わせた所、こうすれば良いって事で、ペダルの所のフレームの差し込まれる部分を4cmほど短くカット

ネットで調べるとリカンベントは、どうしても大きくかさ張るので重くなりがちだそうだが、こいつは結構コンパクトでなにより大変軽い、荷台等込みで15kgほど。

ママチャリとかよりも明らかに軽いです。

作りも大変きれいで、高いだけの事はあります。

因みにメインフレームはクロモリで、スイングアーム等はアルミ製らしい。

で早速乗ってみました。

まず、ハンドルの前の方に自転車に跨って立ちそこからシートに腰を下ろして座ります。

で、ブレーキを握り、ペダルに足を掛けて漕ぎながら発進!となる訳ですが。。。

 

ハンドルが体より下の方にあるこのタイプは、リカンベントの中でも発進の大変な方で、実際大変です。

今でも少しでも上り坂だったりすると、発進できなくててこずったりする事があります。

走り出してしまえば、意外と普通でスタートさえ出来れば、初めての人でも直ぐ乗れます。

但し、普通の自転車はバランスを崩した時に、体でバランスを取ったり出来ますがこれは、そういった事が難しくハンドルを切ってバランスを取るしかないので、最初のうちは自分が何処に行くか分からないなんて事もあります。(^_^;

まぁ、慣れるとなんていう事はないです。

それと同じ理由で低速では、結構不安定でゆっくり走るのは苦手です。

それから加速。

これはかなり面白い!

よくリカンベントの説明で言われている事ですが、普通の自転車では自分の体重以上の力でペダルは踏む事が出来ませんが(体が浮き上がってしまう為)これはシートに体が固定される為幾らでも力が入れられるので、結構加速が良くてしかも、スピードを出した時の空気抵抗が少ないので幾らでもスピードが乗って楽しいです。

後、アンダーハンドルタイプだと、自分の足以外自分の周りに見えないので、結構不思議って言うか爽快感がありますね。

スピード出した時は特に。

でも、だいたい50Km越えた辺りから楽しいと言うより車輪が20インチと小径なので、ハンドリングがクイックなのでこのスピードでコケたらどうしようと怖くなってきました。

まあ、スピード出した時の事は慣れですので、慣れると全然問題ないですけど、スピード出して乗るつもりならヘルメットは必要ですね。

長距離走行は、良くリカンベントは空気抵抗が少ないから疲れにくいとありましたが、確かに強い向かい風の時でも、全然平気とは言いませんが、普通に乗れます。

因みに僕の住んでる宮城県の石巻地方は、冬場の季節風が強い所で15mぐらい吹く事がしょっちゅうです。

なので疲れない筈なのですが、どうやら使う筋肉って言うか使い方が普通の自転車とは随分違うようで、結構疲れます。

まぁ、これも慣れなのでしょう。

因みに僕はダイエットも兼ねているので、この状況は願ったりかなったりだったりしてます。

それともう一つ、ネットとかで調べるとリカンベントはスピードが出るから長距離でも速いって言いますけど、乗って見ると自然とペースが上がってしまいます。

昔マンガの主人公で「何人たりとも俺の前は走らせねぇ!」って言ってたのがありましたが、まさにそんな気分になってしまいます。

って訳で自然と速いペースになり目的地に着くのも早いって事になる見たいです。

知り合いに乗せてみたら、速い!面白い!でもかなりキツイ(疲れる)そうな

彼が走ってるのを見たら40Kmぐらい出してた。

確かに視線が低い(乗用車に乗っているのと同じぐらい)のでスピード感が倍増です。

カーブは普通の自転車はペダルが地面に当たるので漕げないけど、リカンベントはそんな事が無いので思いっきり漕げるって言うじゃな〜い♪

じゃなかった、漕げるそうですが僕のは前輪とペダルを漕いだ時に踵が当たる可能性があるのでイマイチ漕げません。

なのでカーブはよく分かりません。

そうそう、リカンベントが苦手だと言われる坂道。

ちょっとした跨線橋みたいな坂道なら、加速をつける&ギアを落とすで全然平気ですが、峠道みたいな所はかなりキツイと思います。行った事無いですけど

それと小回りとかは全然利きません。

後方視界もイマイチで後ろが良く見えません。

なので交通量の多い道路で歩道が無いと、凄い怖いです。

などなど、デメリットも多いですけど、それらを問題にしないくらい面白さがありますね。


12月24日

今晩は、akichanです。

今日は一ヵ月半ぶりに飛んできました。

ほんと久々に良いお天気♪だけど結構風が強かった。なして?

まぁ、詳しくは後で。

因みに奥玉上空1000m


12月26日

おはようございます。

akichanです。

で24日は夜勤明けで余り飛ぶつもりは無かったんですけど、余りに良い天気に室根で飛んできました。

着いたのが11時頃、早速テイクオフに登って準備、パラチームの皆さんが一度飛んだそうだけど結構サーマルが強くて荒れ気味だそうだ。

うんうん、この天気ならね。

しかも風が結構強め。まあパラではそろそろしんどいかも。

で僕もこれ以上風が強くなると、テイクオフが厳しくなるので急いで準備してとっととテイクオフ

最初はタイミング悪く一番サーマルが垂れてしまう時間帯だったみたいで、30分近くテイクオフ付近のリッジ帯でウロウロ

その後、全体に晴れ間が多くなりサーマルも良くなって来て、思い切って奥玉から折壁に伸びるクラウドストリートを目指す。

でストリートの雲の北側でサーマルに+2〜3m/sぐらいのサーマルにヒット。

よしよしと上げて行ったが、途中で渋くなり思わずもっと良い所は?と移動してしまった。

結局その後は当たらずランディング。

いかんなぁ、間が空くと色々な所で腕が落ちている事を痛感しました。

まぁ、元々大して上手くもないんだけどね。

で翌日25日。

24日の夕方の天気予報では、曇るけど午後から回復するって事だったのが、25日朝の予報では午前中は晴れるけどその後曇る予報に変わっていた。

で翌日、結局出遅れて午後から山へ。

でも登って見ると雪降ってて、全然飛ぶ気にならず。

みんなのサポートをして、さあ麓に降りようかと思った午後2時過ぎ、なにやら急に晴れて来て凄く良い天気に。

くそー、こんな事なら飛ぶつもりで組み立てておくんだった。

今更準備した所でもう遅いので、諦めて下山。

でこの日はマップスのクリスマスパーティーに参加。

蟹すきにクリスマスケーキ大変美味しゅうございました。

ご馳走様です。