11月7日

室根山の東側テイクオフ。

風はやや強いが安定した風で、自分のほかにはハングが2名ほど。

で僕からテイクオフ。

テイクオフして直ぐ、強めの風をうけ、一気に20mほどゲインして「良し良し♪」と思った途端!?

突然前転してダイブに入った!

引き起こそうと思うがピッチのバープレッシャーがまったく感じられない。

拙い、これでは手も足も出ない。

この高さではレスキューも役に立ちそうに無いし。

と見る間に地面があっという間に近づく。。。。。

ドガッ

ぐはぁ

くっ苦しい。

全身が痛くて息も出来ない。。。。。

 

 

気がつくと救急車に乗せられ、病院へ

 

 

「あっ此処は病院のベット」?

 

 

 

うん違う?

 

あれ?

あっ俺の部屋だ。

うん。

あれ?

落っこちたんだっけ?

あれ?

うーん。

ぱちくりぱちくり?

はっ!

夢??

そうだ、今日は戸田さんと山形の十部一に飛びに行く予定だったんだ!

いやぁ、やけにリアルな夢だった。

落っこちて救急車に乗せられる所なんか、ホントにリアルだった。

だけど考えてみればそもそも室根に東向きのテイクオフなんて無いし、夢に出てきたテイクオフなんてあんな所今まで見た事もない所だったし。

って事で慌てて起き出して身支度して実家で戸田さんと待ち合わせて出発!

行く途中、今朝見た夢の話をする。

戸田さんによるとハング仲間で空を飛ぶ夢を見る話は結構聞くけど、僕みたいに落っこちる夢を見るのはあまり聞いた事が無い。そうだ。

「結構時々落ちる夢は見るんだけど、今朝のは格別リアルでしばらく現実と区別がつかなかった」

「若しかしてPTSDなんじゃないの?」

ぴっPTSD!?

若しかしてそうなのかなぁ!?

後で聞いたら何でも、不安・気がかりな事などなどがある場合、空から落ちる夢を見たりするとか?

やっぱりほら、僕ってデリケートでナィーブだからって言うと全然戸田さんに相手にされなかった。

で笹谷峠を越えるとなにやら曇り空。

何だかなぁ、失敗したかなぁ?

と山形市を過ぎて南陽市に近づくと次第に天気が良くなってきました。

早速テイクオフへ

見ると既にハングが何機か飛んでます。

十部一のテイクオフは、学生フライヤーのハングが鈴なりになってました。

後で聞いたら、ウインドスポーツ系の日大の学生がクラブコンペをやっていたそうだ。

地元のフライヤーは高ツムジTOで準備しているとの事。

早速僕らも向かう。

TOには大友君や町屋さん達、地元フライヤーが機体を組んでました。

早速僕らも機体の準備

準備が終わる頃、天気もさらに良くなってみんなテイクオフし始めた。

戸田さん珍しく、早めのテイクオフ。

では僕も行くかと思って大友君の後ろに並ぶ。

所がその辺りから風が強くなった上に風向が振れて来て、うーんちょっと危ないから待つ事に。

困った事に風が一向に収まらない。

仕方なく、テイクオフで構えていた大友君一旦下がる事に。

所が機体を担いで後ろに下がろうと動き始めた途端に穏やかな風に。

やや!これはチャンス!

って事でささっと構えて、早速テイクオフ

飛んで見ると上がりも強いし中々良い条件♪

って言うかかなーり荒れてます。

みんな良く平気だなぁ。

怖いよ、ホント

おかげでビビリも入っているけど、上がりでは戸田さんとかに全然勝てない。

いや、普通でも最近は上がりでは負け続けてますけど。

飛びながら周りを眺めるとずっと西、幸来橋の方からクラウドストリートが伸びて来てる。

今はハイジアパークの辺りで切れているけど、いずれ延びて来てこの辺から雲伝いに行けないかな?

まずは雲底まで上げなくては。

所がサーマル条件は一番強いサーマルで+5ぐらいとすこぶる良いんだけど、荒れてて怖すぎ。

みんな良く平気だなぁ。

でも頑張って雲底近くまで。

でも吸い上げが凄いんで早々に退散。

早速風上のストリートに向かう。

がっ、ストリートの切れている所がシンクがきつくてとても渡り切れない。

一旦諦めてテイクオフまで撤退。

その後上げ直していると、次第にLD近辺の平地でもサーマルが上がり始めて来たので、もう一度僕も行ってみた。

がっまだ早かったらしい。

テイクオフまで戻って来たら随分高度が下がってしまった。

対地で200mまで下がってしまって降りそう。

地道に回し続けてようやくまた雲底近く1000mまで上げ直すと、ようやくストリートがハッツキ山の上の雲とストリートの雲がつながったみたいだ。

この辺りから次第にサーマルの荒れ具合が落ち着いて来ました。

早速3度目の挑戦。

今度は前ほど落ちないでハイジアパークの方へ

所がそれ以上はシンクがきつい。

自分の他にも何人もが、ストリートの雲目指して突っ込むが皆上がらず諦めて帰ってくる。

僕も帰ろうかと思ったけど、ようやくハイジアパークの上も上がる様になって来てとりあえず此処で上げながら様子を見よう。

しばらく回していると次第に条件が良くなって来て、再び雲底近くへ

さて、では幸来橋に向かってGO!と思ったら十部一の方からドヤドヤと7〜8機のハングがやって来た。

なにやら殆どの機体が僕より高いし。

これはお手並み拝見。

もし当たれば早速追いかけよう。

所が殆どの機体がハイジアの向こうの学校の辺りで引き返して来ます。

うーむ、これはまだ早いか。

どうやら後から来た面々学生の練習生が多いようだったけど、中でも圧巻だったのはシングルの練習機が一機来ていた事。

他の機体は殆ど角なしだったし、相当の技量が無ければ練習機で今日の条件でも此処まで来るのは、難しいと思ったね。

で、みんな諦めて帰って行った。

残ったのは僕と大友君と戸田さん。

その後驚いた事にさっきよりさらに高い高度で前に来た練習機がやってきた。

が、やはり突破出来ず帰って行った。

ハイジア上空のサーマルの強さでは練習機では、上げ直すのは渋くて難しかろう。

でずっと様子を見ている間、ひっきりなしに誰が飛んで来て幸来橋方向にアタックしているが誰も突破出来ない。

結局、ストリート伝いに幸来橋まで行けそうな気がしたんだけど、駄目でした。

で僕はつま先が痛くなって来たので、ランディングへ

LDには降りて畳んでいるハングが沢山いる。

結構僕の機体は目立つから無様なランディングは見せられんなぁ。

って慎重に高度処理してランディング

バシッと決めて見せた。

うむ、ローンレンジャーズの面々に正しいランディングとはこうするのだ!って見せたいぐらいに決まった♪

その後他の面々も次々にランディング

あれっ戸田さんは?と思ったけど見ると全然降りてくる気配が無い。

車も沼山さんに降ろして頂いたので、片付けた後はのんびり。

車を降ろして頂いてありがとうございます。

その後すっかり機体を畳んで片づけが終わった頃ようやく戸田さんが地元のフライヤーとみんなで見守る中ランディング

ええ、多くは語るまい。

流石はエンターティナー戸田さん


11月11日

今日はakichanです。

昨日は室根で飛んで来ました。

朝マップスに着いてコーヒーをご馳走になりながら芳郎さんを待ってる間にダイエットの話に。

因みに僕、五月に落っこちてハングから遠ざかってる間に、ぶくぶく太ってしまい、69kgだったのが75kgになってしまった。

これではいかん!と一念発起し9月からダイエットに挑戦しております。

主眼としているのは体重をただ単に落とすのではなく、目指しているのは引き締まったウエスト!と食べても太り難い基礎代謝の大きい身体!

だがイスカンダルよりは近いと思うが、それでも道のりは果てしなく遠い。。。

体重はこれまで、3kg減量して72kg、体脂肪率も2%下げる事に成功したが道のりはまだまだ遠い。

昼休みに40分ほど早足でウォーキングと休みの日はプールで1kmから2km泳いで、後はダンベルとかで筋トレ

で10日ぶりマップスの玉さんに会ったら、「あらakichan少し痩せたんじゃない?」との大変うれしいお言葉♪

「わっ分かりますか!」うん分かる人には分かるんだなぁ!

 

ハングは芳郎氏と僕パラは照井さんと沢田さん。後から石川さんがやってきました。

で朝から雲底はやや低めながら、雲の発達は良さそうで高くは上がれないだろうけど楽しそうな感じ。

で11時頃みんなでテイクオフへ

風は南の風。

で見るとなにやらパラLDの辺りから千厩町にかけてストリートが発達しているように見える。

うむうむ、これに乗れたら楽しそう♪

で先にパラがテイクオフ

が、随分渋い。

準備が終わり芳郎氏からテイクオフ

で続いて僕も。

早速パラLD目がけて行ったんだが、行って見たらちょうどストリートの雲が崩壊を始めたタイミングでものの見事にぶっ飛び

降りてがっかりしていた頃、石川さんが到着

「あらakichanなんでこんな所に居るの?」

見て分からんか!と思いつつ「ぶっ飛んだんだよ!」

芳郎氏は山の南東側で上げて粘っています。

失敗したなぁ。

目論見では2時間は飛んで、エネルギーを燃やして運動して体脂肪を落とそうと思ってたのに。

で片付けてから、思い切って山頂まで歩いて車を取りに行って2時間の登山でダイエットの足しにしよう!

実は先日、戸田さんとこの間彼が山頂まで走って登った(実際は殆ど歩いた)話になり「akichanには無理だと思うよ」と言われて悔しかったってのがあったりする。

で片づけが終わって早速スタート

途中沢田さんに減肥茶の差し入れをいただき助かりました。

生き返った〜

1時間50分後、ようやく到着。

もう、一歩も歩けません。

何でも此処のサイトで計算すると1056キロカロリーだそうだ。


11月14日

今日はakichanです。

しっとり雨降りな気だるい日曜日。

ふと携帯を見るとメールが。

「昨日不幸な事件がありました(;_;)涙なくしては語れない不幸は突然やって来る」

と書いてある。

本人のたっての希望で以下伏字。

でも誰だかばればれです。

親友T氏からである。

聞けばちょうどY県Jエリアからの帰りで、僕の官舎の直ぐ近くを通過中との事。

早速コーヒーぐらい淹れて上げるから話聞かせて!と言う事で話を聞くと

長くなるので簡単に言うと

@テイクオフの傍の駐車場で、GPSの設定の為に車からハーネスを降ろした。

A降ろした場所は、学生チームがグライダーをまとめて一時的に駐車場内に置いていた場所に。

B学生チームはその後直ぐに駐機場に機体を移動

Cその後T氏のハーネスはぽつんと駐車場内に放置状態

Dで一般の観光客のおじいさんの乗った軽自動車に踏まれてしまった!

ET氏。。。状況を認識してガーン大ショック

F居合わせたハング界の大御所A氏「これは此処に置いていた方が悪いな」

T氏追い討ちを受けさらに「ガーン」

すまないと思ったのでしょう、破損したハーネスのテールコーンの弁償としておじいさん、一万円をT氏に

これを見た僕の親友I氏「良いなぁ、まんまと一万円ふんだくりやがった!」

T氏曰く「一万円なんて要らないから、元に戻して欲しいよ」

幸い、バックプレート等は運よく被害が無かったので、その後問題なくフライトしたそうな。

まぁ、身振り手振りを交えて話す彼には悪いが、僕も踏まれる可能性がある場所に置いている方が悪いと思うぞ。

あー、面白かった♪

他人の不幸は蜜の味


11月21日

今晩はakichanです。

昨日土曜日、何処で飛べるのかだいぶ悩んだ末に室根に行ってきました。

山形は一人で日帰り出来る場所ではないし、大台は風は良い感じだと思うんだけど天気が曇りで飛べないとかなーりガッカリになるかも?だし上品山はLDが水溜まりになってそうだ。

室根は風が強い予報なんだが朝が霧が立ち込めてて、こういう日は風が強くならない日が多いって言う事があって、室根に決定!

マップスに着いて芳郎氏と加藤兄弟とテイクオフへ

着いてみるとまだ麓の霧が幾らか残っているものの、飛べる条件。

しかし、見るとこれは完全に麓の霧が晴れてくると、次第に風が強くなると明らかに読める天気。

今のうちにとっとと組んで飛んでしまうなら飛べるが、一旦風が強くなればこの日は完全にアウト

何だけどみんな組み終わった辺りには、微妙なぐらいにもう強くなって来てた。

僕なら問題は無いけど、練習生の加藤兄弟はもう危ないでしょう。

一番機の芳郎氏は、ちょっと飛びたくない様子。

うーむ。

と良く見ると石川さんと戸田さんから携帯に着信が入ってた。

彼らは仕事なので山の様子が気になるのかな?

で、「山が鳴り始めてます。パラは完全に無理。シングルは微妙なって言うか無理、うーむ」ってメール送ったら

返信「RE飛ぶしかない!頑張れーファイト!一発フライト♪フライト楽しいなぁ♪」ってメールが返って来た。

人事だもんねぇ(^_^;

結局山に登ってグライダーを広げて畳んで来ただけでした。