1月12日

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いしますm(_,_)m

今日はようやく新年初フライトして来ました。

因みに昨日は北日本のクラブの新年会に参加して来ました。

僕みたいに、元会員って事で部外者で参加したのは庄内の土井損師改め尊師

松島の大観荘でしたけど、玉にはこんなゴージャスな所に泊るのも良いもんですね♪

で、今日は宿を出て曇り空の下、みんなで上品山エリアへ。

でも天気予報ではイマイチどころか、強風の予報でしたけどテイクオフへ着いたあたりから天気が晴れ始め次第に風が強くなってきそう・・・

って事で、みんな馬っ子山へ移動。

行って見るとパラがたくさん飛んでました。

まだ風が弱いみたい。

で、早速テイクオフへ。

さあ、これから良い運動です。

もう担ぎ上げ終わったら死にそう(;_;)

吉田さん、ATOSの半分持っていただきありがとうございます。

それで準備終わって次々とテイクオフ。

馬っ子山でこれだけハングが沢山飛ぶなんて、滅多にないだろうなぁ。

フライトの方は結局風がそれ程強くならず、サーマルも大した事無くて何処にも行けませんでした。

まぁ、新年初フライトだし、ランディングもバシッと決まって今年も安全フライトで行こう!

でも去年クロカンには一度も行けなかったから、今年はガンガン走れると良いなぁ。

特に春先の大台で、今年こそ日本記録 ! は無理でもとりあえず尾花沢を越して100kmの壁を東北で破りたいなぁ。


1月19日

おはようございます。

akichanです。

17日の土曜日久々に室根で飛んで来ました。

いやぁ、寒かったA(^_^;

前日の金曜日の夜から土曜日は絶好の天気になりそうって事で、連絡をしたんだけど、ローンレンジャーズは結局みんな仕事だったりして室根に終結出来ずこの日室根で飛んだハングは僕と練習生の鞍ちゃんだけ。

後はパラチームが6人ぐらいかな?

何でもしばらく天気が悪くてテイクオフに登ってないそうで、積雪や雪の吹き溜まりが心配だったけど、僕のオデッセイでも登れました(^-^)V

でもぎりぎりだったけど。

多分もう一度雪が降ったら、かなり難しくなりそうだなぁ。

因みにこれ書いてる今は、石巻の方は雨降ってます。

室根の山でも雨降ってると良いんだけど、標高差考えるとやっぱ雪かなぁ。

で、テイクオフへ。

この日は東よりの風、しかし矢越山方面の草焼きの煙を見るとあちらは弱い南西風のようです。

まぁ、いずれ待ってれば良い南風になる筈って事でセットアップ。

日差しが暖かい所為か意外なほど、暖かくてそれほど寒くない(@_@)

先にパラが次々テイクオフ。

中々良い感じに上がってます。

結構何時もよりサーマルが大きい感じだ!

で、まず練習生の鞍に「僕は鞍の事見ていないようで、やっぱりみていないから気をつけるように」と色々アドバイス。

で、練習生を飛ばしてから僕もテイクオフ

直ぐにヒットして上げ始めるがこの時点で既にちょっと寒い・・

しばらく他のパラと一緒に回していたけど、非常に良い上がり。

なんだがあんまり寒くて、雲低まで上がったら寒いだろうなぁA(^_^;

でもとりあえず我慢我慢で雲低海抜1700mへ。

ひぇー流石に寒い!!

余りの寒さにヘルメットのシールドの曇りが凍り付いて中々取れない。

しかも手がかじかんでカメラがポケットの中に引っかかってどうにも取り出せない。

しばらくじたばたしていたが、常々みんなに雲低の側で+3m/s以上のリフトは危険だから直ぐ離れるように言ってたので、とっとと南の矢越山へ。

しかし、パラの方がハングより寒さはきつい筈なのに頑張るねぇ!

狙った矢越山ではあまり上がらずそのまま矢越の南斜面へ。

この時点で今度が対地で1000mぐらいまで下がって来た。

此処まで降りるとかなり暖かいなぁ♪

折角此処まで来たんだし、徳仙丈山へ向かう。

それにどうやら海風と南西風からなるシアーライン見たいな雲が徳仙丈山の方から伸びてるのが見えるし♪

しかし何処を見渡しても雪景色、山なんかほんとにいかにも冬山でございって雰囲気だ。

山に刺さったら、きっと回収は来ないから自分で降りれるような確実に普通の所に降りれる様に飛ぼう !

途中、大田山の辺りかな、あの辺にある送電線の上空で弱いながらもサーマルにヒット、でも多分吸い上げだったんだろうね。

で少し上げた後、徳仙丈山へ。

山の南東斜面に回りこんだ途端に強力なリフトに遭遇。

なんと安定して+6m/sで上がってたったの三回転回しただけで1000mから1500mの雲低へ。

相変わらず雲低は極寒地獄、でも景色は素晴らしいの一言に尽きます。

遠く南は石巻から栗駒早池峰までくっきり見えるし、キラキラとダイヤモンドダストが舞ってます。

って書いてて思ったけどいかにも寒そうだなA(^_^;

南を見ると遥か遠くに石巻の日本製紙の工場の煙突と煙が見える。

しかも登米辺りからずっと石巻までクラウドストリートが伸びてる。

行けそう・・だな !

問題はどう藤沢町・東和町を飛び越すかだなぁ。

何だか、行けそうな気になって、無線を入れて見た。

がっ!どうもヘッドセットの送信スィッチが凍り付いて引っかかってて、送信出来ない。

仕方なくシールドを明けて無線機に向かって喋ろうとしたが、シールドを明けた途端、顔面が凍りつきそうになった。

もう冷たいじゃなくて、痛い!

手早く話したんだが、誰か聞いてるかなぁ?

とりあえずストリートの乗換えをすべく内陸に3km程の距離にある武ちゃんのダムへ。

所がやはり辛苦にはまりあっというまに1200mまで下がってしまい、この辺はかなり降りる所が無くて危ないので帰って来ました。

もう一度、徳仙丈へ戻って上げなおそうとしたが中々前の場所にはリフトが見つからない。

あの+6m/sの超強力リフトは何処へ?

っと北を見ると一羽のとんびがぐいぐいと上げて行きます!

早速下に潜り込んで雲低へ。

そこで雲低は1300m。

どうもこの辺の雲は全体的に衰退しつつあるみたいです。

此処から-1.5〜-2m/sとシンクがきついんで80〜90km/hですっ飛ばして室根へ戻ったけどワングライド12kmを飛んで500mぐらい使った。

今までの機体ならこうは行かないだろうなぁ。

そのままテイクオフへ行った後、ランディング

降りた後、30分程両手をこすり合せたりしながらのた打ち回ってしもやけの踊りを踊った。

何でも石川さんによるとあの寒い事で有名な朝霧でも、室根に比べれば痛くないだけましらしい?

しかし、写真撮れなかったのが残念だったなぁ。

もっとも余りの寒さに動かなかった可能性もあるけど。

その次の日曜もこれまた天気予報が変わって良い天気だったんだが、僕は仕事。

何だか戸田さんは、上品山で飛んだそうだがタイミングが悪く残念だった様だ。

室根は掲示板によると、サーマルは良かった見たいでみんな楽しんでたようです。

風さえ弱ければ、手堅いのは室根なんだろうねぇ。


1月24日

今晩はakichanです。

いやぁ、ついに降ってしまいましたね。大雪です。

これで室根山もクローズか?と思ったら何でも今日アタック隊が登頂成功 ! 積雪50cm!!との事です。

菅野さんお疲れ様です。

そんな事など知りもしなかった僕と戸田さんは、朝気がついたら穏やかな天気で、おや?飛べそう。

って事で上品山へ集合。

ただ、朝から南西風。

天気予報では昼過ぎから西風で強くなる?らしい。

こうなると上品山だとサイドかな?

上品山へ行く前に、馬っ子山のランディングへ行ってパラの人達から風の状況を聞いて見た。

どうやら上品山で飛べそう。

って事で上品山へ。

登って見ると思っていたより風がサイドではなくて何とかなりそう。

早速準備、結局12:45頃戸田さんと僕で続けてテイクオフ。

条件は基本的に西サイドのリッジに対してなめっている風で、リフトは今ひとつ。

何時もテイクオフした後向かうテイクオフ正面の尾根も、稜線より上から近づけばかなり良い(サーマル・・かなぁ?)リフトで上がれるけど、稜線近くまで下がるとシンクシンクで、かなりきついですね。

お陰で戸田さんは残念でしたね。

その後谷を渡って登山道の上へ。

こっち斜面は、リッジのかかりが良い筈なんだけど、ステイは出来るけど上がり切れんなぁ。

結局何処にも行けず、一時間ほどでランディング。

さて、明日も飛べそうです。


1月26日

今晩は、akichanです。

昨日25日、日曜日は結局馬っ子山で飛んで来ました。

やたらと冷え込みのキツイ日曜の朝、戸田さんと上品山ランディングに集合。

で、上品山のテイクオフへ

がっ、凄い逆転層で北上川沿いの平野が一面の雲海状態、相当冷え込んだせいで山頂の方が暖かい。

下を見ると相当な接地逆転層だ。

しかし、もうすでにテイクオフは北北西の風6m/sぐらい吹いている。

このままの強さなら飛ぶのにまったく支障ないけどどう見ても、逆転層が飛び始めたらもっと強くなりそう。

だからといって今なら、ぶっ飛び間違いなしである。

結局上品山は諦めて、馬っ子山へ移動。

こっちはSPCのパラの人達がもう飛んでます。

駐車場から、お互いの機体を二人がかりでえっちらおっちら担ぎ上げ。

疲労困憊しつつ準備していたら、次第に風が無くなってしまい、あれー?

おおおお、大気が怒りに満ちておる!

待つ事しばし、見ればずっと風上側、古川市方面には一面の雪雲である。

もっと良く見ると、クラウドストリート状にこちらに延びて来ている。

が、しかし微妙に外しててこちらではなくて上品山に向かって来ているようだ。

次第にその雲が近づくにつれて、風が良くなってきた。

と、思ったら山の傍を流れる北上川の川面が結構波立ってきました。

パラの人達にはもう直ぐ強くなるよと言って僕らはテイクオフ

所が先に出た戸田さん慌てて高度処理して降りに入ってます。

うーん、でも僕は雪雲は此処をそれるんじゃないって思って、雲の傍に行って「絶景だぁ!」と写真撮影♪

所が・・・・

ああっ!

ババ様、黒い雲が見えます。

だんだん、大きくなってる見たい。

こっちへ来るんだわ !

ババにしっかり掴まっておいで。

こうなってはもう、誰も止められないんじゃ !

ひえええ!

しかしまあ、どうにか無事吹雪の中、ランディング

凄い吹雪であっという間に翼の上には3cmほども雪が積もってます。

所がその三分後。

おお〜 !

大気から怒りが消えた!

って言うかなんか思いっきりコケにされた気分です。


1月31日

今晩は、akichanです。

今日は上品山でフライト。

集まったメンバーは僕と戸田さんと仙台の大友君。

で、僕は夜勤明けなんで10:30上品山LD集合。

登って早速準備。

何だけど、ちょっと強めかな?

でも何とかなりそうって事で僕からテイクオフ。

風は北北西4〜8m/s

で、難なくふわりとテイクオフ・・・・

で、ふわーっと4mぐらい上がって、さぁベースバー掴んで、行くぞぉ!

がっその途端・・・

突然ローターに巻かれて、ダイブに入ってしまい

Oh!MyGod!

などと叫ぶ余裕などある筈も無く、対地高度からしてベースバーを引き込む手順など無理なので、ひたすらベースバーを押して、お願い風の神様!力を貸して!

あっと言う間に迫る地面!

もはやこれまで・・・

ベースバーが地面に当たり、「ズザザァ!!」

っと音をたて滑り危機一髪!

無事再び空へ。

いやぁ、助かったぁ。

後で後ろから見てた戸田さんと大友君によると、ATOS−Cの文字が後ろからでもはっきりと見え、「あー、これで仲間が一人減った」などと思ったらしい。

ダイブに入った時、前のATOSを大破した時の事が脳裏をよぎりました。

そう言えば、あの時は皆様にお世話になりました。

で、中々良い条件だったけど、とにかく風が強くて上空で13m/sは吹いてたかな?

サーマルが結構強くて何処でも上がるけど、かなり荒れててリフトを外すと凄いシンクで危なくて結局何処にも行けず。

上がりの方も800mぐらいまで上がると逆転層でもあるのか、風が乱れてて上がれませんでした。

うーむ、これで風が3mぐらい弱かったら凄い条件になったのになぁ。