5月5日

今晩は、akichanです。

いやぁ、今年の春は全然でした。しくしく。

去年とは大違い!特に気合を入れてた大台エリアは、絶不調であった。特に僕が行った日は特に・・・

で、うちのチームは皆大台へ行くとの事で、昨日4日に行ってまいりました。

この日は、朝のヤフーの天気予報では、わりかし強めの西風に良い天気と、完璧な気象条件!っと思いきやエリアに近づくにつれ雲行きが怪しくなってきた。

くぅー、ガッカリ。

でもまぁ、とりあえず飛べるし、何とか上がれるだろってテイクオフへ。

因みにこの日は、秋田出身東北から翼を広げ飛びたったハング日本チャンピオンの大門さんが来るって事で、地元ハングフライヤーが大挙してやって来てました。

で、昼過ぎから、大門さんからテイクオフ。

テイクオフして、上げて行ったかと思えば、スピードグライディングばりのハイスピードローパスをテイクオフで披露したりと、サービスしてくれます。

続いてうちのクラブの石川さんがテイクオフ。

がっ、余裕かまして飛んでいたのもつかの間、ぶっ飛んでしまった。

それを見届けた大門プロ、わざわざテイクオフまで戻って来て、「石川さん、ぶっ飛んだ」って叫んでます。

中々大門さんイイ性格してます。

まさか石川さん、自分がぶっ飛ぶなんて、夢にも思ってなかった事でしょう。

その後、続々とテイクオフ。

しかし、タイミングがシビアで上がる人も居ればぶっ飛ぶ人も。

僕も飛んで見て分かったんだけど、この日は風も見た目ほど無く、リフトは殆ど雲の吸い上げによるものだったようです。

それから石川さんは、何とものの30分とかからずに、テイクオフで再び機体を構えてます。

気合十分!リベンジ!

しかし、奮闘むなしくランディングへ。

流石にそれを見ていた一堂、続いて続々とテイクオフとは行かずしばらく皆さん様子見。

大門さんや他の人を見てると、テイクオフ+100mぐらい上がると雲の吸い上げで、悠々と飛べるみたいです。

その後、2時過ぎからぼちぼちとテイクオフ。

っと、僕の前の地元進藤さんの飛んだ時期から、吸い上げを食らったのか、ただ真っ直ぐ飛んで行くだけで上がって行ってます。

よっしゃぁー!

続いて僕も。

で、イマイチの天気ながら、ちょっとだけ遊べました。

で、噂のトップレス大門スペシャルと一緒に飛んで見ましたが、ほんとにATOSに近い性能を出してますな。

飛んでて、あれがハング?

で、降りてから石川さんに、無言で肩を組み、夕日を指差して顔を上げ、ゆっくりと頷こうと思ってたら、うちのチームのパイロットがランディングで、アクシデントで盛岡まで送って行ったとの事。

あいやー!スチャラカな気分を大いに反省しました。

で、今日連休最後の日。

今日は室根。

朝から良い天気♪

が僕がテイクオフしたあたりから、海風がやって来て殆ど上がらずにおしまい。

くぅー、今日は大台だったかぁ?って思ってたら大台のHP見たらあっちもイマイチだったようで。


5月14日

今晩は、akichanです。

結局今年の連休は、何処にも行けなかった・・・しくしく。

まぁ、こんな年もあるかぁ(/-\)

で、この間の10日の土曜日、室根で飛んで来ました。

前回の経験を踏まえて、海風が入る前にテイクオフ!

っと思ってたんだけど、もたもたしてるうちに石川さんが先にテイクオフ。

見る見るうちに高度を上げ、どっかに出かけてしまった。

あら〜、急いで僕もテイクオフ!って出て見たらなんとした事、ちっとも上がらないぞ!

ドンドン下がって行き、こっこれはぶっ飛び?

っと思って居たんだが、無事蟻塚公園の近くの伐採地でお助けサーマルにヒット!

かなり荒れてて、上がりは良いんだけど、周りのシンクもきつかったが、此処で上げないと泣きながらリフライトする羽目になるから、此処が踏ん張り所だぁ〜♪

で、どうにか上げ直せた。

しかしなにやら上げ直してると、どうも海風によるウインドシアーらしい。

って事は、これは南北にリフトラインが?

早速、南へ。

釘子小学校の近くで上げ直してると、千厩方面から石川さんが帰って来た。

石川さんに「さぁ!本吉練習場アウトandリターンだぁー!」

って言ったんだが、結局何時ものように一人旅。

藤沢町の保呂羽山の辺りで、この日一番上がって1700m。

南に行くほど、良い上がり。

此処からは、かなり山深いんだよなぁ。

しかし、虎穴に入らずんば虎児を得ず!

さらに進んで武ちゃんのダムへ。

所がなんとした事!写真の光を反射してる所が、海風の強風の波で大荒れの様子。

駄目だ、引き返そう。

が、完全に海風ゾーンに嵌ってしまったらしい。

がーん!虎に食われてしまった。

仕方ない、戻っても駄目なら進むしかあるまい。

が、結局とんでもない場所に入り込む羽目に。

しまったあー、こういうのは今年からは無しにするつもりだったのになぁ。

が、我ながら抜け目なくランディング出来そうな牧草地を発見。

猫の額ほどの場所だが、無事ランディング。

ホット一息でした。


5月20日

今日は、akichanです。

天気予報によれば、どうにか土日は何とかなりそうって事で土日飛んで来ました。

まずは土曜日。

室根でフライト。

結構久々に土日とも飛べそうな週末に、沢山飛びに来てました。

ハングは僕と戸田さんと石川さんと室根の主の英喜さん。

登って見ると風はまだテイクオフは北西。

のん気に構えてた僕と戸田さんは、ものの見事にぶっ飛び。

良いタイミングを掴んだ石川さんと英喜さんは、海風と北西風のシアーラインに乗って雲の絶壁を飛んで来たそうな。

ちぇっ、まぁこんな事もあるさぁ(/-\)

で、この日は僕と戸田さんは久々にMAPSのクラブハウスにお泊り。

翌日、どうも太平洋側沿岸部はオホーツク海高気圧からの風で、イマイチな天気か?

それで僕と戸田さんと石川さんとで、鬼首の花立峠に飛びに行こうって事に。

それまで濃霧に覆われていた室根山周辺が、出発間際に俄かに天気が良くなってきました。

うーむ、しかしあのエリアが良い天気になりそうな条件がこれだけ揃ってる日は中々無いしなぁ。

後ろ髪を引かれつつ、出発 !

この日、18日の日曜日は鬼首禿岳の山開きだそうで、丁度花立峠の道はこの日が、今年の開通式なんだって。

早速、ランディングを確認して機体を載せ換えて、いざ出発。

花立峠に着くと、随分登山客が来てます。

此処から約100mえっちらおっちら担ぎ上げです。

はっきり言ってもう死にそう。

しかも僕は一人ではとても担げない機体なもので、一緒に来た戸田さんと石川さんに半分持って貰わないと一歩も動けません。

ようやくテイクオフに着いたんだけど、テイクオフが無い?

確か、昔僕が此処に毎週通ってた頃は、畦道みたいだけど細く走る場所があったんだが・・

北日本のメンバーの戸田さんに聞くと、何でも去年は此処で飛んでないんだよなぁ、との事。

それって戸田さんが飛んでなければ、誰も飛んでないって事やん !

成る程、誰も飛ばないんでテイクオフも只熊笹が生い茂る場所になってしまったって訳か。

うーむ。

が、今日はテイクオフは正面東の風、4〜6m/sのハングには丁度良い風。

って言うか、せめてこのぐらいないと、熊笹の藪を掻き分けてなんて飛べそうに無い。

一番僕の機体が、テイクオフするのに気流の乱れに強いので、何時ものように僕が一番最後。

一番機の石川さんからテイクオフ。

がっ、石川さんも戸田さんもサポートしてる僕には心臓に悪いテイクオフで、自分が出る時はかなり不安・・・

が、僕の時は割かし強めの風で意外と難なくテイクオフ。

それで、早速此処のエリアで飛ぶからには、禿岳の壁に行かなくちゃ!

しかし、どう言う訳か、微妙に風がリッジに対して正対してないみたいだし、雪渓のせいか?かなり上がりが悪い割りに荒れてて、もう大変 !

 

 

こんな、落ちたら絶対に助かりそうに無い崖に10mそこそこぐらいまで近づかないと上がらない・・・

結局40分ぐらいひたすら磨いて、ようやく雲の吸い上げについて、写真を撮る余裕が出て来ました。

所が今度は吸い上げがきつくて、早々に退散させられてしまった。

結構皆さん楽しんでましたが、一同もう大変だから(担ぎ上げandテイクオフ)当分良いなぁ。

ええ、景色は僕は行った事無いけど、スイスのチロル地方に似てるとかで、東北一って言って良い位良い所ですよ、でも飛ぶまでが今時のハングフライヤーにはハードですねぇ。

まぁ、僕も10年ぶりに禿岳の壁を楽しんできました。

そんでもって、20日と21日

室根でフライト。

結構楽しかったけど、今年の傾向として室根においては、海風の進入が何時もの年に比べて早い時間にやってくる日が多いです。

オホーツク海高気圧が今年は強いらしい事が関係してるのかな?

って、事は今年は雄勝が良いって事であろうか?


5月31日

今日は、akichanです。

早くも五月も、もう終わりですか、うーん今年の春はイマイチだったなぁ。

まっ、クロカンはちょっと無理っぽいけど、夏に期待しますか。

って事で24〜25日、室根のパラグライダー大会のお手伝い行って来ました。

詳しくはMAPSのHPに載ると思うので、こちらに。

駄目かなぁって思ったけど、意外に良い天気で良かったですね。

で、大会も終った28日29日室根で飛んで来ました。

ってその前に全国を文字通り揺るがした地震の話って思ったけど、別に改めていまさら言うほど無かったんで、とりあえず省略。

でも、職場で何でも宮城県沖地震の4ヶ月前にも、こんな風に結構大きな地震があったっていう話に・・・うーむそうすると、秋頃が危ない?

では、28日。

この日は夜勤明け。

朝からとっても良い天気♪

しかし、最近の天気の特徴は海風が早い時間に進入してくる事だ。

室根に向かう車のアクセルを踏む力も当社比20%増し!

所がこんな時に限って、爺さん婆さん見たいな、凄いドンくさい車が多いんだよなぁ。

慎重にかわしつつ先を急いだんだが、途中わざと急ブレーキ踏ませたり、いきなり道路のど真ん中で止まったりしやがって、岩手ナンバーの白いマークUの親父!お前だ!

喧嘩売ってんのか!おらぁ!

って奴が居て、流石の僕もキレそうになったが、しかし、そんな馬鹿につきあってる暇なんて無いのだ。

無茶苦茶頭に来たが、ぐっと堪えてやっとエリアに到着。

来る途中、室根山から矢越山を越えて、ドーンとクラウドストリートが走っていたんだが、見る見る内に崩壊してしまい、テイクオフした頃には残り滓すらない。

終った・・・・

その後、パラのスクールの運転手やって手伝った後、折角だからと久々に僕もパラでフライト。

何時もなら、夜まで一旦吹いた海風が止む事は無いんだけど、この日は夕方に風が落ちて来ました。

こっこれは明日は期待出来そう!

で、翌日29日

この日は朝から、気合を入れて9時にはテイクオフへ

しかし、朝から雲ひとつ無い快晴って言うか、逆転層か?

しかし、中々良いブローが吹いて来ました♪

さらに康世さんからランディングはもう既に東風と言う情報も。

一番機は何時もの様に石川プロ、しかし上がりが渋い。

これは、続けません(^^;

しかし、次第にいい上がりになって来ました。

続いて僕もテイクオフ。

出て直ぐ神社上空で回し始めたんだが、どうも今ひとつ。

続いて戸田さんもテイクオフ。

石川プロ、雲底について、もがく僕らを高みの見物。

次第に下がり始め、遂に戸田さんと二人して、高度300mを切りこっこれはぶっ飛び!?

最後の望みを賭けて、パラランディング傍の土採り場へ。

此処で一周回って5m上がるか上がらないかってサーマルにヒット。

二人して、必死に回す。

その頃石川プロ、僕らがのた打ち回るの見物するのも飽きたのか、お出かけ。

その後、どうにかこうにか、悪戦苦闘が実り、雲低へ。

その頃、パラが続けてテイクオフ。

あっという間に、雲低にやって来てしまった。

うーむ・・・

その頃から、南北に良い感じに雲が繋がり始め、クラウドストリートを形成し始めました。

早速、皆で渡り始め矢越山へ。

意外と今日は南西風が強めなのだろうか?

このシアーラインのストリートは今日は移動もしなければ、勿論消えたりもしないぞ!

どうやら、昨日以上にサーマルが強力なので、サーマル自体が海風をブロックしてくれている。

で、パラチームはそのまま、藤沢町へ。

案内人は石川プロ。

でも小梨で石川プロは「後は頑張れー!」と帰って行った。

で、僕は折角だから、ストリートの終点まで行こう

で、こっちこっちとパラに先回りして飛んでいたんですが、パラチームは小梨を過ぎて昭栄ヘルメットの工場近くで「我が屍を越えて行け!」との事。

「その志、無駄にはせぬぞ!」と一応、終点まで行って来ました。

今日のストリートの終点は、藤沢町と東和町の県境の尾根筋でした。

所で藤沢町の市街地って、全然降りる所が無いんだけど、この日行って見たら、市街地の真ん中になにやら休耕田?畑?

かなーり広い場所が見えます。

帰りに気になって、寄って見て来ました。

とっても広い休耕田でした。

場所は縄文祭りをやる小学校の直ぐ東側です。

こっち方面にお越しの際は、いざと言う時には此処がご利用になれます。

所で、この日の朝、板さんからメールが届き、ようやくにして新型機がやって来たとの事。

で、ハーネスのジッパーの修理もあるので、早速週末から日月と足尾方面に行く予定

かれこれ五年間、この機体と苦楽を共にしてきたけど、この日のフライトがラストフライトになりました。

良い思い出を沢山有難う!養子に行っても頑張ってね。